読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまかけられた!いま魔法かけられた!

NEWSのMusic Clip集が届いた。

なかなか抽選ものには当たらない弱運の持ち主が、あまり期待はせず、当たったら嬉しいナー程度で応募してみたら天のいたずらか神々のあそびか、めでたく当選。なんと。知らせを受けてから約1か月、ようやく手元に天からの贈り物が届いたのだ。当たったら嬉しいナー程度にしか思っていなかったが、当たったらやっぱり嬉しかった。いやほんとに。ありがとうございます。5回感謝の祈りを捧げる。

「SEVEN COLORS」はサッカー三部作の中では個人的に一番好きな曲である。メロディーや歌詞はもちろん、昨年のベストアーティストに出演されていたときの衣装や振付など、すべてをひっくるめてなんて尊い楽曲なんだと幾度も空を見上げ地に膝をついてきた。その曲のミュージックヴィデオとくればもう尊い。ほぼ尊い。あー尊い。人類という人類から「尊い」以外のすべての語彙を奪い去っていく、その尊さは山よりも高く海よりも深きものなり。完。

 

以下、MV集を見申しあげた客観と主観。おおいにネタをバレる。

 

・メッセージ

「SEVEN COLORS」のために用意したという衣装を着用したメンバー。メインで使われているカラーが 小山さん:赤・まっすーさん:緑・手越さん:オレンジ・しげさん:青 と普段のメンバーカラーと違っていてとても新鮮。カラフルかつきらきらしていて、あまりの眩さに天上の世界に誘われたかと思った。うそ。

しょっぱなから「いや~踊ったね、疲れた」と若干お疲れ気味の小山さん(30)のコメントに対し「チャンカパーナぶりだよね、踊るPV」としげさん。(年齢表記に他意はありません。)

MVのコンセプトについて

小「手越さん魔法使いなの?(筆者注:MV中に魔法をかけるシーンがある)」加「みんな魔法使いでしょ」とのことで、メンバーのみなさんは魔法使いという設定らしい。ただし魔法を使ったのは手越さんだけ(加「代表して使った」)。その流れでしげさんが手越さんに「かけてみてかけてみて」と唆し、手越さんが小山さんに「アナウンサーになっちゃうぞ(パチン)☆」と無茶振り(笑)(小「普通にできてるわ(笑) もっとちがうのやってよ」)さらに今回は子どもたちも一緒に踊っていたため、話がそこに及ぶと「子どもになっちゃえ☆」とまたも無茶振り。小「30歳だよ…(脱力)」爆笑。

メッセージ終盤、15周年とかでまたMV集出したいねと言っていてちょっぴり期待。した直後に手越さんの小山さんに対する「15周年ドン☆」振りでもうなにがなんだか状態。相変わらずの小山さんいじりだった。

しかしこれまでのMVをすべて収めたMV集は全国のNEWSファンが欲しいと思っているだろうなーと思うと、15周年と言わずすぐにでも出してほしい。かく言うわたしも言われるままにお金を差し出してでも買いたい。忠実なるATM(ルビ:しもべ)したい。実現のために5回祈りを捧げる。

 

・「SEVEN COLORS」MV

冒頭、メンバーは影になっていて表情などは見えないシルエットの状態で踊る。サビの終わりとともにぱあっと明るくなる。明暗の始まり方がとてもかっこいい。

楽曲タイトル通りのカラフルなセット(メンバーの衣装も含め)で、全体的にポップでキュートでクールでアメリカンな印象。MV自体は特にアメリカと関係はなく、わたし自身もアメリカにこれといった思い入れはないが、ポップ=アメリカンという貧困な感性から生まれる短絡的な発想である。

MVでは世界各国の子どもたちがメンバーと一緒に踊ったり跳ねたり笑ったり魔法をかけられたりと大活躍していて、これもポップでキュートな印象付けに一役買っていた。「WORLD QUEST」のMVでまっすーさんの周りを駆け回った子どもたちや、ONEのイベントでメンバーと対戦した子どもたちを見ても思ったけれど、「NEWSと子ども」という組み合わせがすっごくラブ・アンド・ピース感出てる。愛と平和と勇気とその他の幸せと名の付くすべてがあふれてる。うう…尊い。

振付も手先でリズムをとったり軽くジャンプしたり、ステップを踏んだりと軽やかで弾ける動きが見ていてとても楽しい。指先からカラフルな記号が飛び出たり動きに合わせて星が散ったり、映像効果も相まってさらに楽しい。なんとなくアメコミっぽい。とりあえずアメコミって言っとけばなんかポップっぽい感じ。

メンバーが魔法使いという設定もあってか、全体的にファンタジック要素が強いように感じた。個人的には三部作それぞれの印象を一言で表すなら WQ:かっこいい、SC:かわいい、ONE:サッカー!!!!!! ONEのサッカー感はんぱない。

 

「SEVEN COLORS」自体は2013年のサッカーの楽曲だからもう番組で披露することはないかもしれないけれど、ぜひ次のコンサートではWQ・ONEとともにやってほしい。なんならステージ上にゴールとか作っちゃってもいい。ぜひお願いしたい。さらにもう5回祈りを捧げる。