読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TTZ(ツアー待機勢)

『MSMSYMS』

 

2014年9月16日放送●KちゃんNEWS

 

・オープニング

小「ゲストはてごにゃんなんですけど…」

手「どーも!てごにゃんだよ~ん」

小「いま僕のここにね、あるものがあって。『それSS?』って言われたんだけど。どういうことですか?」

手「『スポーツ新聞?』ってこと」

小「それSSって言います!?」

スポーツ新聞=SSな本日のてごにゃんさん、笑うと肋骨が痛いらしく、「コルセットなみたいなやつ」をつけている。

小「でも病院で診てもらった結果、骨には異常なく」

手「なし!オーケーイ」

小「元気いっぱいでございます」

さすがというか、問題はないようなので元気に次へ。11周年をファンのみんながお祝いしてくれてるよねという話。

小「これどうですか?ファンのみなさんが祝ってくれる温度感と僕らメンバーが伴っているのかという」

手「はいはいはい、いやノー伴いでしょ!」言いきった(笑)

小「ノー伴いね(笑) NTだよねえ」

手「おれらけっこうあんだよ、それこそこう、11月7日、5月12日、7月18日?これ全部なんだこれ」

11/7=『NEWSニッポン』の発売日、5/12=『希望~Yell~』でメジャーデビューした日、で、7/18は…。

小「7月18日なんだと思う?(笑)」

手「しちがつじゅうはち!?えっと『NEWSニッポン』のジャケット撮った日」

小「違うでしょそんな、待って戻んないで(笑) 逆に先に進んで(笑)」

手「先に進んでんの?あ、4人になった日!」

小「4人になった日近いよ!」

手「最初のライブの日!『チャンカパーナ』発売日!」

小「そう正解!」

手「オーケイポーポーポーポー!!」

自ら「ノー伴い」と断言するだけあって堂々としたいっそすがすがしい「ノー伴い」ぶりを披露する手越さん(笑)

小「ファンのみなさんほんとねこんなもんなんすわ正直」

手「そうだよね」

小「いやありがたいのよ?ただ重きを置くならばどれかね?」

手「一応915(きゅーいちご)なんじゃないの?」

小「そうなんだろうな~」

10周年ライブも9月15日を迎える前にやったわけだしということで。

小「ファンの方々の意識に近寄って9月15日を大事にしていこうと」

手「なるほどね。9/15を記念して来月からアジアツアーが始まるでしょNEWSの」

小「(笑) ぶっこむね(笑)」

手「あれ?あれやんない?」

小「なんも決まってないわ!(笑)」

まさかすぎる>突然のアジアツアー<

小「やりたい、」

手「うぅ~~~~眼鏡ブシュ!」

小「眼鏡ブシュは眼鏡を外して両方の棒を目に刺すという」

手「だってやりたいんだもーん!」

小「ほんとにさ、」

手「やりたいやりたいやりたいやりたいやりたいやりたい!!(超早口)」

小「話させろや!」

手「あはは(笑) しょーがないじゃんやりたいんだから!」

小「ツアーはやりたいんだよファンのみなさん!」

ただいろんな事情もあって、「やりたい」というメンバーの理想と会場を抑えるだとかの現実的な兼ね合いがなかなかうまくいかない。

手「アルバム出さなきゃな、『ONE - for the win -』10回くらいやんなきゃいけない」

小「そうだな」

手「あと『NYARO』10回」

小「だから今年中にシングルも切りたいですし」

手「切ろうよ切ろうよ!」

小「アルバムとかも出して」

手「切ってこ切ってこ」

小「よきところでツアーもやりたい」

小山さんも手越さんもツアーに対して非常に前向きであることを示しつつ、そううまくはいかない現実を悔しがっていた。

改めてNEWSおめでとうということで、(小「ややこしいけど」)『NEWSニッポン』。

 

・手越の初体験

肋骨痛い手越さん、「笑うと痛い!」と笑いながら痛がる。

小「心配するからファンのみなさんが」

手「テーゴネーターだよ。ダダスダスダダ(ターミネーターのテーマ)」

とにかく笑っちゃって放送にならない手越さんに「けっこうひどいから(放送を)聴いてみろ」と文句を言う小山さん。

手「けっこう友達とかに聴かせると、やばいねって言われる。『小山くん偉いね』ってみんな言うよ」

小「偉いでしょ、おれもそれ(筆者注:手越さんのよう)になったらもう崩壊だからね」

手「放送事故だね、HGHG」

小「放送事故です」

幽体離脱したことある?〉

手「ゆーたいりだつか!」

小「自分を俯瞰で見てる時間があるかってことだね」

手「あ~~あるね!」

小「寝てる最中なのか…『あるね』!?ちょっと詳しく聞かせていただいていいですか」

昔、渋谷の駐車場に車を停めて車内で寝ていたとき、夢の中でも自分が車内で寝ていたそう。

手「これ違う?」

小「わかるよ、夢の中で夢見てるときってあるんだよ」

めっちゃわかる!と共感する小山さん。

小「あれは?金縛りとかはない?」

手「ない!」

逆に小山さんは、いまはなくなったけれど中学生のときとかによく金縛りに遭っていた。

手「どうなっちゃうの?」

小「動かないのよ。目開けたまんまにしたら終わるね。砂嵐みたいにザーって聞こえてちょっと『何か』見えちゃう」

手「え!? え、霊見える!?」

小「いやでもそれって、違うんだよね。疲れててーみたいなこと言われてて。幻覚なんじゃないかみたいな」

でも金縛りのときに「いま見ちゃったのかな」ということは何回かあるとかないとか…。ひょえー。海外ロケが多く、いろんなホテルに泊まるあなたはどうなのかと尋ねる小山さん。

手「おれないんだよね!イッテQのロケって疲れすぎてホテル帰ってバタンって寝ちゃう。怖がる隙もなく寝ちゃう」

小「寝るための部屋みたいになってんだね」

次のおたより。

小「横浜市のすまよぴ…」

手「あ、一緒じゃないすまよぴ、くぅ~!」

小「なにが」

手「地元、ジモティジモティー」

小「びっくりしたなにが一緒なのかと思った」

手「へへへ」

〈廊下に立たされたことある?〉

手「Of course(発音良い)」

小「もちろんなの!?なにして?」

手「喧嘩して」

小「なんで喧嘩すんの、理由は?」

手「ドッヂボールで顔面当てられたとか」

小「(笑) しょーもないよ~」

手「お母さん呼ばれたことある」

小「お母さん学校呼ばれたことあるって聞いたことある」

スカートめくりをしたことで母親呼び出しされたけれど、被害者であるはずの女の子は北海道に転校することをわざわざ手越さんの家に伝えに来たらしい。

手「だから好きだったんだよね、たぶん」

小「それ引っ越すってことを言いに来たの?」

手「おれにわざわざ」

小「スカートめくりされて怒ったのに」

手「そう怒ってそこの親が学校にこのやろーって。そこからおれの親呼ばれたわけよ。でもその子家に『引っ越すのでいままでありがとう』ってわざわざ言いに来てるからおれのこと好きだったんだよ(ドヤァ)たぶん」

小「可能性あるよね。なんかねコメントが怖いから次いく。ダメなワードが出そうな気がする」

ということで次のコーナー(笑)

 

・慶一郎の部屋 

小「このままだと手越さんちょっとやばいんで、サッカーの話もしてもらっていいすか」

手「あ~  I play soccer(発音良い)」

2戦終えたアギーレジャパンの話。手越さんは以前「急には結果は出ないけどだからといって否定しないで」と言っていた。ウルグアイ戦は0-2、ベネズエラ戦は2-2だったけれど手越さん的にはどう見ているのか。

手「おもしろかった!」

ベネズエラ戦は宮川大輔さんと観に行っていたそう。

小「おもしろいっていうのはどうなってるわけ?」

手「みんながさ競争を…させてるじゃん、アギーレ監督が」

特に初招集の武藤選手が初めてゴールを決めたときも、左の岡崎選手、右の本田選手に頼らなかったことがすごいと絶賛。

手「普通パス出しちゃうと思うのよ、でも『おれがいま点取ってアピールしたい』っていう貪欲さが、あそこでシュート打つってすげーなって思う」

みんなはチームが大事だと言うけれど、手越さんとしてはチームとしての完成度ももちろん大事だけど個人のアピールが重要と主張。それがいつかは日本代表選手になるための布石となる。

手「そういうイケイケ感が観ててすごい勢いを感じましたね」

小「じゃあちょっとこれは期待していけるんじゃないかっていう」

手「勝ってないけど、いまは勝ちを求めてるわけじゃないから。選手がどんなはたらきするかっていうのを試してるから。すげーおもしろかったですね」

ただ、本田選手のフリーキックは惜しかったねと残念そうなふたり、今後を楽しみにしていきましょうと前向きにコメント。

小「さあそしてお知らせですけれども、ハッピーターンちゃん!これどんな感じなんですか?」

手「ターン王子っていうハッピーターンのキャラクターがいるんですけど、と一緒にテゴマスがハッピーターンを盛り上げたりするCMなんですけど」

テゴマスがみんな大好きハッピーターンのCMをやるよ!というおしらせ。

小「ハッピーターンちょう↑おいしい」

手「ちょうおいしいよね、とまらなくなるお菓子ナンバーワンじゃないすか」

CMは9月15日から放送開始なのでぜひ見てね。

それから小山さんのトーキョーライブ22時のおしらせ。

手「SSで見た、機内のSSで見た」

小「スポーツ新聞ね、だいぶわかってきました」

手「これ生放送!?おれいこうか?」

小「だから来ていいんだよ、前回も来てよかったんだよこれ呼んでるからね。ただほんと下ネタとかはやめてもらえれば」

手「事務所からぐん!ってやられるからね」

小「でも(収録場所)近いよ、いつか来てよ」

手「風呂上りバスローブで行くわ」

小「ただ間違えないでほしいのは、おれ以外4人先輩だからおれの週に来てね」

手「(笑) やばいやばい」

 

・エンディング

小「最後ひとことイニシャルでリスナーののみなさんに伝えたいこと」

手「MS、MS、YMSですね」

小「どういうことでしょうか」

手「いいですか…(間)…マンモスマンモス横マンモース!!

完。

 

○主観

ツアーなあ。今年の冬くらいにはツアーあるだろうと予想して血沸き肉躍らせながらFC入会の申し込みをしたはいいものの、だよ。待つけど。いつまででも待てるけど。来たるツアーの日までおとなしくお金貯めて待ってる。ほぼフリーターと化した大学4年生(就活未了)の財力見せつけてやるぜ。

「ノー伴い」は思わず声出して笑っちゃったけどできればもうちょい伴ってほしい!できれば!あと1ミリ!1ミリくらい!

 

関係ないけどこの前の『いっぷく!』、劇団四季に弟子入りのやつおもしろかった~もともとが四季ファンなので完全に俺得案件だった。シマウマもかわいかったけどまっすーさんガタイもいいし絶対大人シンバ似合うと思うなー。久々にLK観たくなった。