読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るろうにてごしん体操第一


Dream5 / ようかい体操第一<体操ビデオ> - YouTube

『そこでオトす』

 

2014年9月23日放送●KちゃんNEWS

 

・オープニング

小「今日は祝日!この方なにしてたんでしょーか!」

手「どーも秋分でぇす!」

小「秋分ではないよね(笑) 『秋分です』てよく思いきり言えるね、テキトーだよ」

相変わらずしょっぱなから飛ばしてくる手越さんがゲスト。今日はNEWSからの嬉しいおしらせがある(小「ツアーとかじゃないんだけど」)ということで、リスナーに期待させつつ(なんのことかわかってはいるけど)さっそく曲へ。

 

・ガールズトーク

手「女のトーク!」

〈しおりを作るくらい旅行計画を細かく立てる彼女をどう思う?〉

手「いいんじゃないの別に」

小「すごいね~嬉しいよね。自分が仲間内で行く旅行ってどうしてんの?」

手「宿はもちろん決めるよ。宿決めて適当に朝出る時間決めて行く感じ」

小「予約だったりとかはどうしてんの?」

手「おれがやる場合もあれば友達がやる場合もある。あんまり遠回りというか、あんまり決めないで行くとさ、途中で妖怪に会っちゃう可能性があるじゃんヨーでるヨーでるヨーでるヨーでるようかいようかいでられんけん!(急に『ようかい体操第一』を歌い始める)(しかし歌詞間違い)」

小「(笑) ほんとにすぐ流行ってるものは…一応知ってんだね、踊れたりもするんだ」

手「ええありがとうございます(笑)」

小「これねー前ねおそろしい時間があって…」

控室にメンバー4人でいるときに手越さんが自分の携帯でこの曲を流しながらずっと踊っていたらしい。

小「ずーっと踊ってんの、ずーっとだよ、ほんとあったまおかしくなるこっち。おれとシゲと増田のそのときの顔もう、どんな顔してこいつのこと見たらいいんだろうと思って」

手「顔死んでたね!(笑)」

小「なにしてんだろうって思って」

他にもこやしげますの3人は、「キャーッ!」って叫んでるだけの怖い曲を5分ぐらいずっと聴かされるという被害も受けたことがあるらしい。

手「みんなノイローゼになるね(笑)」

小「みんななんか頭が…」

さらに、自分が好きな曲を小山さんにワンコーラス聴かせて「いいでしょ?」と言うだけ言ってドヤ顔でどっかに行くという、された側にとっては非常に対応に困ることもしているとか。

小「ほんとひどいぜ、自分の好みの押しつけはんぱない」

手「いま(の話)だけ聞いてるとやばいねおれね、おれという人間ね」

小「すごいよ」

手「Human nature(良い発音)」

小「なんなの、どうしたらいいのノイローゼになるよ…次いくよ」

手「カモンシェケナベイベ☆」

小「福岡県のさきさん」

手「さっきさんめんたいこ♡」

 

〈異性の友達との間接キス、どこまでOK?〉

手「飲み物の回し飲みは全然いけるでしょ、ストローも。リップか…女友達のリップってこと?」

小「うん」

手「いや~~~…(唇が)割れそうだったら借りるかもね」

小「緊急事態ね」

手「健康を優先する」

小「ごめん血がすごい!とかって(笑)」

手「いーってした瞬間にぱちんって下が割れたりしたら借りるかもしれない」

小「でもさ、好きな女の子がストローかなんかで飲んでて『はい祐也くん』って渡してきたらちょっと意識しない?」

手「いつもより多めに舐める」

アイドルとしてギリギリの発言に小山さんびっくり(笑)

小「舐めんだ!?飲むんじゃなくて舐めんだ!?それはアウトだよおまえ飲むんだよそれ、舐めちゃだめだよ(笑)」

手「いつもより長い時間吸っとく」

小「吸っとくとかじゃない(笑)」

手「いつもより若干鼻呼吸をして、腹式呼吸する」

小「ずっと口をつけてられるようにね(笑) もうしょーもないんだけどこのひと、アイドルなんだけど…やだ~」

手「考えるだけで幸せだ(笑)」

 

〈6人でごはんに行ったとして、その中に片思いの人がいたら隣・正面・斜め前のどの位置に座る?〉

小「これが好きな人ね」と、とりあえず図で確認しているらしいこやてご。

手「ウーワーーー!!!」

状況を想像して突然叫びだす手越さん。

小「いやいやなんでスイッチ入ったんいま(笑)」

手「このパターンは男女がサイドに行くパターンか男女男男女男女なのかこれ」

なつかしの男女ネタ(笑)

小「それ言いたいだけでしょ(笑) いいの別に、それはかまへんかまへん(謎の関西弁)」

手「男男女になっても」

小「かまへんかまへん自分がどこに行きたいか優先してください」

手「え、ここかな…隣かな」

小「わかるわ~」

手「正面も捨てがたいけどな」

小「正面って目めっちゃ合うじゃん、けっこうしゃべらなきゃってなってくる」

正面か横だなと言う手越さんに、横がしゃべりやすいと同意する小山さん。

手「男女が3:3だった場合は正面だね、100パー」

手越さん的にはテーブルを挟んで男女で分かれるなら片思いの人の前を陣取るそう。

小「それはなんで?」

手「確実に一番目合ってるのが長いじゃん、そこでオトす」

小「(笑) はっきり言ったね」

手「おれはるろうに剣心のように牙突をこう、牙突を」

牙突を打つよと繰り返するろうに剣心…否、るろうにてごしん。

手「(小山さんの話をさえぎりながら)ハートに牙突、ハートに牙突を」

小「うるせーわ」

ちなみに小山さんも隣に行きたい派とのこと。

小「隣に行ってやっぱ話近いし」

手「あとたまに足とかちょこんと当てる」

小「わかるな~~肩が当たっちゃったりとかね~」

さらに、向こう飲み物を(いらないんだけど)あえて取ろうとして、横切るときに顔と顔を近づけるのが手越さん流らしい。

小「いま横のとき見た、手?もうねスナイパーだよこのひと」

手「あはは(笑)」

小「もうやだよおれ、こわいよ~」

 

ふつおた

小「もうあんたがさー前回『MSMSMSS』だっけ?」

手「YMSです、MSMSYMSです」

小「ってマンモスマンモス横マンモスやったでしょ?それを受けてかな」

〈マンモスって下ネタですか?〉

手「ちがう!!(笑)」

小「これどういうことなの(笑) これが下ネタだとしたらずっと繰り返してるもんね」

手「横マンモスとかすっごい」

小「ねえ、身体で表現しないで(笑)」

まさかのおたよりに爆笑しつつ戸惑うこやてご(笑)

手「下ネタじゃないよ!女の子は『それ』を『マンモス』ということあんの?」

小「『それ』をって…別に限定してるわけじゃないかもしれないじゃん」

手「『それ』以外にある!?」

小「いやだから、『マンモス』が下ネタかどうかっていう」

手「違うよ!」

じゃあなんなのかというと、衝撃の事実!実は「マンモス」とは音だった!ことが判明する事案が発生。

手「たまに縦マンモスもあるよ」

小「縦マンモスもあんの!?」

手「たまにね、レアレア」

その後「マンモスマンモス横マンモス!」と「マンモスマンモス縦マンモス!」を実際に表現する手越さん。

小「ただ足を前に出すか横に出すかだけだってみんな。じゃあ音なんだ、音的に言いやすいんだマンモスが」

手「そだよ」

小「下ネタじゃないんだって」

事実がはっきりして残念なようなよかったような?というところでエンディング曲へとつながるのだが…。

小「NEWSで…これもやだこの流れ、『フルスイング』」

手「ある意味な!」

なんなんだこれ、と思わずにはいられない流れだった。

 

・エンディング

小「さあ手越さん興奮しましたかね?」

手「ふぅ~ん興奮したわ~でもそんなに興奮させちゃダメよ~ダメダメ♡(裏声) ありがとうございます」

小「ほんと流行りは抑えんだね、首あぶない(笑) もうやだおれぇ…はぁ~あ、おもしろいねおまえ」

手「(笑) イッテQでもね歯止めが効かなくなってきてんだよ」

小「気をつけてね」

いつものように小山さんがみなさんからのメールをお待ちしている旨、はがきの宛先とメールアドレスをおしらせしたあと、衝撃的な展開が…。

手「え、はがきの方はですね、えー(ピーーーーーーーーーーーーーー)(規制音)」

小「うちの住所を言うな!みなさんねいまね編集しますけど、編集する前に僕の家の住所を言ってました手越が。恐ろしいぜ!僕に来てどうすんのもー」

まさかの小山さんの住所を暴露(ピー音にて無事保護)する手越祐也(26)。もはやその勢いはだれにも止められない。

手「直接の方が早いかなって、クッションいらねえんじゃないかって」

小「も~いくよ!」

オープニングでも言っていた嬉しいおしらせ、『4×9』!内容は強制家宅捜索バラエティということで。

小「素人のみなさんと絡ませていただいて、その素人の方の家宅捜索するんでしょうか」

最後に、今日はまだ甘い言葉が聴けていないので手越さんが執事(ハッピーターンのCMにちなむ)という設定で興奮を愛の言葉に変えていただこうと。

小「お姫に対しておやすみをね」

手「あっすみません、カレーこぼしちゃいました。あっお拭きしましょうか?…え?そんなんじゃ足りない?いやでも…それ以上なにをすればいいんですか?え、夏から秋になって暗い時間が伸びた…だから、えっちょっとそっそんなやめてください…!(チュッ)」

小「ぜんっぜん状況がわかんない(笑)」

相手はドSなお姫様で「夜は長いんだからもっと私に尽くしなさいよ」と、逆に襲われてしまったという設定らしい。

手「ぐっと引き寄せられてそのままがーっつって。その先はご想像におまかせしますという」

小「ほんとすごいね~ドSな姫だったんだね。ドS対ドSはあなたMになるもんね」

手「言うなってそういうことを」

小「顔、顔(笑)」

手「言うな言うな」

最後の最後で小山さんに一本取られた手越さんだった。

 

○主観

今回もーーー笑いすぎてやっべえ腹いてえwwwwwwってレベルで笑った(笑) 手越祐也という世界がかっとばしすぎててむしろこの世界がついていけてない。

恥ずかしながら流行りに疎いわたしは今日この記事を書くにあたって初めて「ようかい体操第一」の動画を見たのだが(歌自体は知ってた)、これを手越さんが控室でずっと踊っていてこやますしげの3人が死んだ顔で見てる状況を想像したらなお笑えた。NEWSの控室想像を絶しすぎ。

あとマンモスって音だったんだな…下ネタとは思ってなかったけど、まあ思われてもやむなしな部分あるよな。からの斜めマンモス。

 

今日の思い出:早起きして遠いコンビニまで繰り出して『SPA!』無事に買えてほっとして、そのままMyojoの最新号読んだらまるしげの連載がヤバイことになっててあたまぶっとんだ。まるしげってなんなのかな。まるしげに対して謎の敗北感抱いてる。