読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NEWSのふたりはシンメトリー

Kラジ こやしげ

『シゲのチュムチュム美人』

 

2015年7月14日放送●KちゃんNEWS

 

・オープニング

小「7月も中旬に入ってもう夏本番というところでございますが、ゲストはこの方、夏男(お)、シゲちゃん!」

加「どうも、あんま夏のイメージないと思うんですけどね~」

小「ないね(笑) ないねシゲちゃんね~」

加「夏どうするんですか小山さんは」

小「僕はやっぱいつもこうね、BBQやったり、う~ん」

加「そんな余裕あるんですか」

小「いやでも今年はちょっとまたないかもしれないわ~」

加「ねえ?今年の夏…また忙しくなるかもしんないし」

小「シゲっちはなにすんの夏…シゲっちなにしてんの」

加「(被せ気味に)おれもうマグロ、マグロマグロ」

小「あマグロきた?」

加「マグロマグロきた」

小「マグロどこで釣るんかい」

加「相模湾よ、もう入ってきたからさ」

小「きたわ」

加「明日も行くよ」

小「明日も行く?」

加「明日も行く」

小「いつかカジキを釣ってくれないかね!」

加「カジキはやっぱちょっとねえ」

小「あのでっかいやつだよ松方弘樹さんみたいな感じのさ」

加「カジキはやっぱ無理よまだ」

小「船の後ろにあのー椅子を構えてだね」

加「いやあれはやっぱりね船で釣るし、お金もかかる。あれじゃないのよ、こう…」

小「いま携帯でなんか見してくれんのそれ…うわやべ!!」

加「それでたぶん30kg…」

小「おっきいわ~~」

加「そうやって写真撮りたいのよ、あの、縦に持ってね」

小「なんでさあみんなこの釣りをした人たちはさ、その魚を持って写真を撮るんだね」

加「これぐらいのサイズ!っていう」

小「(笑)」

加「ことじゃない」

小「それ…なの?一番あのサイズ感を見せたいのが重視なの」

加「まあと、基本的には情報を共有するから、こんなん釣れましたっていうときに魚のだけじゃなくて一緒に撮ったりするし、まあ、自慢もあるよ、自慢自慢」

小「そうだよね、そこだよね」

加「これだって今年最初に撮ったマグロだったから、いま見せた写真はねこの人は」

小「あそうなんだ」

加「うんこれは自慢でしょうよ」

小「マグロの挑戦は初めてなの?」

加「5年!め。4年目」

小「で一回さなんかいままでの魚とは、もう絶対的に違うっていう感覚で引っ張られたことあるの?」

加「もう、マグロって100mでとってるからね、かかった瞬間に」

小「100mなに?はしるの?」

加「びゅーって100m先まで」

小「ええ!?伸びるんだ!?」

加「びゅーって、伸びるっていうか、まあ糸が出るのよびゅーって」

小「それが、」

加「だからもう動けないのその間は」

小「いやいやいや!」

加「止まらないって、止まったら巻くっていう。『止まらない~~!』っていう」

小「その経験はいままであるの」

加「ある」

小「あるんだ!」

加「出て、びゅ~~~!!『ああっマグロかかっちゃったぁ!(裏声)』って手がふるえたままパチンってなっちゃった」

小「あ~~あるんだでも!」

加「うん、興奮したわ~でも」

小「ふるえる?」

加「ふるえた」

小「うわ~~」

加「やっぱその年々経験値が上がって、初マグロだったから油断してたわけよ(小「うん」)、ど~~せ釣れないだろうなと」

小「うん」

加「そこダメよね」

小「きた(ウィスパー小声)、いつでもやっぱマグロがかかってくるような意気込みで」

加「って思ってないとダメだなって今年学びましたんで」

小「じゃあちょっと中トロ待ってるわ」

加「うんまああんま、食べるとおい…普通のマグロのがおいしいよ、もちろん」

小「あそういうもんなの?」

加「うん」

小「とにかく釣りたいんだそいつを」

加「そう」

小「じゃあちょっとそれをね、ひとつね」

加「オケィ」

小「オケィ(笑) じゃあNEWSで一曲いきましょうね(加「オケィ」)、『チュムチュム』」

 

・シゲアキ先生の人生の法則

小「シゲちゃんが思わずわかる!と言いたくなるような人生における法則を…」

加「写真いまオフんときに送るわ!って言いましたけどあの~エブリの最中とかに携帯見てんだ?」

小「いや見てないよ!」

加「よくないよあれ」

小「ちがうちがう聞いて?」

加「うん(笑)」

小「これは、あの僕は5階からマイスタまで降りるときがあんのよ、その状況のときって携帯持ってないと速報が入ってくる可能性あるじゃん」

加「あそうなんだ」

小「緊急速報が」

加「ほんとに?その間に見てんの?」

小「その間携帯見てニュースを」

加「すげえ!」

小「感じとかないとでその間に、手越がその時間を知ってるんだね」

加「うん」

小「連打が来るわけよ」

加「(笑)」

小「おれはその待ち受けで速報が入ってくるかもしれないっていう恐怖があるわけじゃん」

加「おれ大阪でミヤネ屋に出たんですよ、それをたぶん見てたらしくて、まあぜん…前番組だから。そしたらなんか小山さんがね、4時…台の半ばにね(小「だから移動中なの」)、ミヤネ屋見てる写真が送られてきて」

小「そうそう」

加「君仕事しなさい!(高音)っつって」

小「いや移動してんだよ(笑) 仕事のちょうど、僕は4時台に一回、5分ほどの休憩時間があんの」

加「てかエブリーしながらメール送りあうメンバー仲良すぎでしょ」

小「(笑) そうそうそう、スタジオ出てエレベーターの中であれ送りました、そうそう。でもね嬉しかったあれ始まる前にね、スタジオでおれと小栗さん鈴江さんそして藤井さんとミヤネ屋見てたわけですよ」

加「ミヤネ屋見てんだ、やっぱり」

小「まあそのギリギリだったじゃない、で(シゲが)出てきて『あ加藤くんだ!』つって『そうですうちのシゲちゃんです』なんつって」

加「(笑)」

小「あ~なんつって、よかったなあみたいな」

〈あまり勉強ができない人の筆箱ほどでかく、重い〉

加「なるほどね~勉強できない人に限ってノート綺麗とかね」

小「そうそうそう、ま筆箱にさ、要するにこう、時間をつぶせる道具がいっぱい入ってるわけでしょ?」

加「いや意気込みはあるんじゃないの、いろんなマーク引いたりとかさ」

小「そっか、意気込みと思いが筆箱の大きさに比例してると」

加「じゃないの、遊び道具が増えてるわけじゃないでしょやっぱり」

小「わかんないよはさみ入ってるかもしれんし」

加「プリクラ用のね?」

小「あ~~」

加「あるかもしれないね」

小「分度器とか?」

加「いやそういうことじゃないと思うよ、やっぱペン、いろんんなカラーのペンとかさ」

小「ああ、緑で引いて赤い下敷きで消すみたいな」

加「やそういうのだったらいいじゃん、もっとなんかさラメのやつとかさ」

小「ラメ好きね!(笑)」

加「グリ、グリッターっていうのそういうの、グリッター的なやつとかさ」

小「あ~そういうの」

加「そんな色別に使わなくてもいいじゃんみたいな」

小「確かにでも筆箱でかい子いたな~ポーチみたいなやつね」

加「そうそうそう」

小「ポーチじゃんそれ!みたいな、あったな~。いまなんかもうおれ必要最小限しか持ってないや」

加「筆箱大きくしちゃったらもうおっきくなっちゃうからね」

小「でもさ、おれとシゲぐらいよ、打ち合わせのときに筆箱持ってってんの(笑)」

加「そうだね~やっぱ、そうだね~」

小「(笑) おれとシゲはね絶対打ち合わせのとき加「えぇ?筆箱持ってるわ~じゃないと落ち着かない、なんか」

加「う~ん…」

小「シゲいま持ってんの筆箱?」

加「持ってるよ」

小「ちょっと見してよ」

加「えぇ?だからラジオするとき、自分のね、自分のラジオするとき…缶ペン」

小「かわいいね、なんかお弁当箱みたいな感じ」

加「(笑)」

小「意外とずっしり、うわ~~いいねいいねいいね~4色ボールペンと、浮世絵かなんか描いてあるこれ」

加「丸山くんからの誕生日プレゼントね」

小「いただいて」

加「万年筆、うん」

小「へえ~~これ素敵じゃないですか…消しゴム。消しゴムまた古いのね、これ」

加「うんでも消しゴムいまいらないね、振り返ったら。シャーペン入ってないからそん中に」

小「あそうじゃん、消す要因ないじゃん。で赤ペン」

加「そうそう、でこれふせん」

小「ちっちゃいふせん!」

加「それだから本読んでるときに、良いところに、やるやつよね。ぐらいですかね」

小「うん」

加「どうしてんですか小山さんは」

小「僕はあの~~某、無印の」

加「あ~プラスチックのやつか」

小「そうそうそう!某無印の、言ってないでしょ、某無印の(笑)」

加「(笑)」

小「だからまあ筆箱をね、まあいいんですよ、意気込みがねあればいいと」

加「そうね。あおわり?ふつおたいく?次の」

小「ふつおたにしようか、おっけ」

 

ふつおた

小「さ、普通のおたよりですが」

〈シゲさんへ 最近学校でシゲさんが実はむちゃくちゃかっこいいと話題です(加「ありがとうございます」)。私は小さいときからとても整った顔でうらやましいと思っていたのですが(加「(笑) ぁんでそういうメッセージ読むの先週から」)、ぶっちゃけ『あれ、めっちゃかっこいい人いる!って思ったら鏡に写ってる自分だった』なんてことありますか?〉

加「いやないよ!」

小「(笑)」

加「ないっつーの!」

小「なんだよぉ~」

加「おれ別に自分の顔好きじゃない、好き?自分の顔」

小「え?自分の顔?」

加「うん」

小「自分の顔は唯一無二だから、好きになってあげなきゃかわいそうだなと思う」

加「うわ、なんかすごいいまね(笑)」

小「はずい(笑)」

加「いまなんか、『an・an』の見出しみたいだった(笑)」

小・加「ははは!(笑)」

加「『自分の顔は唯一無二だから、好きになってあげないと』」

小・加「『かわいそう』」

小「受け入れてあげなきゃ」

加「いまもうちょんちょんってコロンで包まれたよいま(笑)」

小・加「(笑)」

小「ないの?あれめっちゃかっこいい人いんなあ~」

加「おれ鏡見んの全然好きじゃないから、ほんと身だしなみぐらいしかもう見ない、だから怒られるよ鏡見てくださいって」

小「でもシゲは、心のどっか底に、ナルシスト要素がいっこあると思う。それでもジャニーズとしては必要じゃん」

加「あると思う、おれだからナルシスト要素はあると思う」

小「うん」

加「一般的にでもあんじゃないの?」

小「一般的な、でもさ、『ザ・おれかっこいいじゃん』みたいな人もいるじゃん」

加「手越とか?」

小「いやいや、まあまあ手越はありだけど、なんつーの、まあ言い方はあれだけどさ、あなたはそっちの方向でかっこつけない方が魅力があるんじゃないかって(加「あ~~~」)、かっこつけ方の人いるじゃん」

加「だからちょっとさあ、古いホストっぽい人でしょ?」

小「そうそうそう、いやもしかしたらもっとさわやか系の服を着た方が…」

加「けっこううちの後輩とかもね~なんか、もっと素朴でいった方がかわいいのになって男は思うけど、わかんないよファンの人はどう思ってるかね」

小「まあそうだね。けっこうじゃらじゃらつけてるとかさ」

加「うん、じゃらじゃらとかもう」

小「ほんとさ、引き算していくよね」

加「引き算してくよ」

小「服装に関しては」

加「やっぱだからテゴマスに関しては足していくじゃんけっこう(小「そうだね」)、ファッション的にはね」

小「うん、おれとシゲは引き算だな」

加「それでもやっぱ、まあねえ小山さんもつける方じゃないですかわりと」

小「まつけるけどそのじゃらじゃらではない」

加「31…まあじゃらじゃらではない…じゃあおれかっこいいなって思うときあんの?」

小「おれかっこいいなって思うとき?」

加「うん」

小「ちょっと一回考えてみよお互いの」

加「最近さ、思った、たとえば歌番組とかでさ『あおれかっこいいな…』とか」

小「おれ歌番組って実はそんな思わないんだよね~」

加「あっそう」

小「それをかっこいいなって判断してくれるファンの人がいてくれればいいなと思うけど(加「うん」)、かっこいいっしょおれって言って、歌ってることってあんまないかも」

加「あそうなんだ…」

小「その挑戦してみるよ、かっこいいなと思われたらいいなと思って」

加「まあもちろんね、そのだからまあ投げキッスとかウィンクとか(小「そうそうそう」)、ま小山さん裸になったりするわけじゃないですか」

小「そうそうそう、でもそれを、『おれかっこいいべ!見てよ!』っていうわけじゃ実はない」

加「うん…」

小「なんか、それが結果的にかっこいいと思われたらいいなと思うけど」

加「あ~」

小「ちょっとこれはちょっと難しい…え、シゲさんはどういうときあんすか『おれかっこいい』って思うときは」

加「かっこいいって思うときほんっとないな~」

小「あ、わかった、お互いのかっこいいとこ言お(笑)」

加「おれ小山にはよく思うよ、あかっこいいな~って」

小「まじすか」

加「あのライブDVDのやつとか、こないだも見てて」

小「うん」

加「あっ小山さんこんな感じでやってたんだみたいな」

小「あ~」

加「半分ぐらいは、『いや小山さんやりすぎ(笑)』って思うときもあるし」

小「ああそうね」

加「でもけっこう、あっ小山さんなんか、十代から知っててね、あやっぱ昔だったらこう、上脱いだりしてもねなんかもう、はいはい若造がって感じだったけど、やっぱ31ともなるとこれもう大人の色気出ましたね~って思ったりした」

小「なるほど」

加「うん」

小「やっぱでもそれはもう…おれはね、シゲがね、左利きだね、左利きで、自分の名前書いてるときが好き」

加「そんなときないじゃん!」

小「いやあるの」

加「あっお礼状とか?」

小「お礼状とか、あとサイン、自分の本にサインしてるときとか」

加「すげーピンポイント、すげーオフじゃん!オン褒めてよオン!」

小「みんな、みんなあんとき見てほしいわ~(加「オフじゃん!」)あのシゲかっこいいんだよぉ」

加「加藤よく言われる、まっすーもよく言うんだけど、おれあの、楽屋が一番かっこいいって(笑)」

小「いやまじ一番かっこいい」

加「悲しいよ!ステージ上褒めてよぉ~!!」

小「あのねえ、丁寧なんだこの人は、一冊一冊に込める思いとね、あのお礼状に関してもね、特にねえああいうの好きよねえ~」

加「ああそう」

小「おれ見てるのは好きだよ顔もかっこいいな、まオン、までもさ」

加「オンは逆に思わないよ(付き合いが)長すぎて!」

小「そう長すぎて、なんか、ファンの人がかっこいいと思ってるところは、逆にシゲかっこつけてんじゃん~みたいになる」

加「ああ~そうかもね」

小「そうそうそう、そうそうだから」

加「小山さんの『チュムン!!』とかね(笑)」

小・加「『チュゥム!!』」

加「とかね」

小「そうそう、そういうのさだからメンバーだといじりじゃん」

加「うん、そうだね、でもファンの人は喜んでくれるかもしれない」

小「そうそうそう」

加「なんだこの気持ち悪いな」

小「え?」

加「思わない?だからおれこの前フェルメールだなって思ったぐらいなんだから、鏡見て」

小「ほんっとイイあれ、綺麗だもん。シゲのチュムチュム美人」

小・加「あはは!(笑)」

加「美人だった?よかったよかった」

小「美人だったな」

 

・エンディング 

小「まあ学生のみなさんもう夏休みに入るんだ」

加「いや今年早かったわ~おれ(小「ねえ」)、特に6月めっちゃ早かったわ」

小「てかさ、休んでないよね?シゲも」

加「まあ何日かあったけどほんと、たまの休みはメンテナンスになっちゃうもんね」

小「おれだっていままでシゲと十何年仕事してきて、あっこの人たぶんいま一番忙しい…」

加「あそうかもね」

小「月に入ったなって思った」

加「まあ小説書いてるときも忙しいんだけど、テレビ的なのではそうか」

小「そうそうそう」

加「メディアは忙しかった」

小「裏のさ、要するに小説の頑張りってさ実は伝わりづらいじゃん」

加「うん」

小「毎日ねもう年間をかけて毎日やってるから、毎日やってることあるけど、表的にシゲをめちゃめちゃテレビで見るっていうさ」

加「そうね~~ありがたい、『傘をもたない蟻たちは』の宣伝も込み『チュムチュム』込みでね」

小「ねえ」

加「忙しかったすねありがたいっすね、楽しかったよでも」

小「僕もさ、忙しくしてもらってでその結果さふたりで番組いただいてさ」

加「そうね」

小「『NEWSな2人』やらしていただいたりとか」

加「『NEWSな2人』おもしろかったね、また」

小「おもしろかったね~」

加「ときどきでもいいから」

小「やってみたいすね~」

加「いまの僕らしかできないかもしれないからね」

小「ねえ、ぜひとも期待しててほしいなと思いますけど」

加「もう終わりましたけどね放送」

小「そうそうそう、このあとはだからまた、なにか発表できるときがあれば」

加「あればね」

小「あれば」

加「もしかしたらなってるかもしれないすけど」

小「さあ!お知らせは…まあチュムチュムだね、ぜひともチュムチュム…まあカラオケでもう歌いだしてくれてるくらいかもしれませんね」

加「うん。もう歌った?」

小「いや歌ってないわ」

加「まだ入っ、まだ入ってなかったこないだ歌おうと思ったら」

小「まあきっと・・手越さんの日じゃないすかね(笑)」

加「うわあ…歌うんだ」

小「やりましょ、やりましょう」

 

○主観

こっ…こ……こや…し げ……(断末魔)

先週に引き続きこやしげにこやしげで脳天ぶち殴られ続けた20分だった…怖い…怖い…すごい…怖い…なにも言えない…神は8日目にこやしげをつくられたって聖書に書いてあるでしょじつは、そうなんでしょ。8日目は労働を禁じなくちゃ。

いやでも本当、このふたりだからドル誌のコンビ大賞では堂々の4位にランクインするしそれに対して他でもない本人が「なんで1位じゃないの?」って不満げにできるんだよな…いやもうほんとう…