読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつかどこかであなたとわたし

『安心してください、はいてません

 

2015年8月11日放送●KちゃんNEWS

 

・オープニング

小「さあそろそろ社会人の皆さんも夏休みでしょうか、ゲストはこの方てごにゃんです!」

手「ど~~~も手越祐也でございます~~安心してください、はいてません

小「はいてない!?はいてないみんな!!はいてないぞ!!

手「はっはっは(笑)」

小「みんなあ!!はいてなーーい!!

手「(笑) なにがなにが(笑)」

小「安心しないでくださーーい!!

手「(笑)」

小「はいてない!?」

手「なにが(笑) あっはっはっはっ(笑)」

小「おまえ(笑) どこ出してんだおまえー!」

手「(笑) ちゃんと1枚はあったでしょ、1枚はあったでしょ」

小「1枚はあったけどほぼほぼ形わかったよいまぁ!」

手「でもブースの外にね、いまねいまね、」

小「おまえの、おまえのま」

手「やろうと思って仕込んどいたらまさかのブースの外に女性スタッフ二人くらい見えてたからおれ死角になるように、椅子を後ろに下げてここで立ったの(笑) ははは!(笑) 一応外に人がいたから」

小「やばいほんといたんだ」

手「そうだよ女性がねしかも中見てたのよ」

小「え?…あ今日おれの取材する人おまえふざけんなよ!」

手「(笑)」

小「おまえ帰るんだからなおれだけ取材残んだから」

手「(笑) だから一応死角つくって」

小「どんなラジオかと思われるじゃん、どんなラジオかと思うじゃん」

手「(笑)」

小「『手越さん脱がれてましたよね?』」

手「一応見たんだからおれ」

小「『あ~すいません』(手「女性が見てたから」)おれがフォローじゃねーか」

手「(笑)」

小「おい~もうこっからもうイモトさんの話しようと思ったのに~」

手「いやいやもう」

小「マッキンリーの」

手「登ったのよ」

小「おまえのマッキンリー見ちゃったじゃねえかなんなんだよ~」

手「(笑) 8合目までだよ♡」

小・手「(笑)」

小「だれがだ(笑) だれがなにを8合目までなんだよ、8合目までの理由、理由わかんない」

手「(笑) いやすごい登ったよ」

小「登ったんだね~」

手「はんぱないよやっぱイモトアヤコっていうひとはね、尊敬する」

小「いやイモトさんてほんとすごい」

手「いやあのねもうメンタルがすごい、あのね人が限界にきてからがキツいじゃん」

小「うん、うん」

手「限界にきてからが彼女のスタート地点なの」

小「なるほどね」

手「そこからが彼女すごいのよ」

小「進むしかないんだだから」

手「そう」

小「かっこいいなあ~」

手「かっこいいよ~イモトアヤコ」

小「でもさ手越もさ、まあ過酷でいったら挑戦いっぱいしてるよね」

手「でもさ山ってさ、2・3週間篭もんのよ」

小「それ大きいな」

手「それは風呂も入れなければさ」

小「女性だからトイレもな」

手「トイレもあるしさ、それはちょっと、一発のおれはんぱないドカーンていうのはできるけど、じわじわくるやつってさけっこう精神的に蝕まれていくじゃない」

小「長期間ね」

手「それができるやっぱイモトアヤコはやっぱスーパーだね」

小「すごいね、どこでも生きていけるからね」

手「いやかっこいいよ彼女」

小「いや~素晴らしい」

手「うん」

小「じゃあ一曲いきましょうか、NEWSで『NYARO』」

手「うぅん!」

 

・妄想キッスシチュエーション

手「(エコー)あ、天使かと思ったらおまえか…長い間、待たせてごめんな?あなたの、妄想キッスシチュエーショーー(小「やってまいりました~!」 )ーーンッッ!!」

小「きました~」

手「ありがとうございます」

小「キリがいいところやってまいりました、さあまあ久々ですからね、リスナーの皆さんが頭の中で妄想しているキッスのシチュエーションを教えてもらい(手「溜まってるでしょ」)、まあ(笑) 男2人ですけれども(手「溜まりに溜まってるでしょ」)僕たちで再現していこうというコーナーでございまもううるせーな」

手「(笑)」

小「溜まりに溜まってんのはわかったんだよ」

手「夏だから溜まりやすいからリスナーのみんなもね溜まりに溜まってるんですよ」

小「溜まったものをさ解放さしてあげてよ」

手「ま゛がじでぐだざ~゛い゛(重低音)…(笑)」

小「それ安心してくださいのテンションじゃんやめてくれよ~はいてないんだから」

手「そうですね(笑)」

小「わたくしがナレーションと、女性の役を少しやりますけれども」

手「よろしくお願いしますー」

小「手越さんは手越さん役でということでやってまいります」

手「はい」

最初は「別れた元カレとの実話キス」。

 

1.アルバムは見た

 手越くんに初めておうちに招待された。ドキドキしてチャイムを押すと、いつものかっこいい笑顔で迎え入れてくれた手越くん。

手「どうぞ、汚いけどあがって」

小(女)「え?キレイじゃん!お掃除しなきゃと思ってたのに…あっこれアルバムじゃん!見てもいい?」

アルバムに夢中になっている私に手越くんは、アルバムを取り上げ私の手を持って…。

手「昔のおれよりいまのおれを見て?(チュッ)これからのおまえとたくさんのアルバム作っていくから」

 

小「…イケメン」

手「あ~~イケメンこいつイケメンだな!」

小「こいつイケメン」

手「おいおいおいおい」

小「まあ実話だからね」

手「おまえと、いままでのおまえじゃなくてこれからのおまえといろんな思い出つくっていくからと!ふたりの、物語が、進んで、いくわけですねあまーーーい!!

小・手「(笑)」

小「ハンバーグだハンバーグ(笑)」

手「(笑)」

小「出すね~」

手「ええ(笑) すごいなと思いまして」

小「まさかの井戸田さん出てきた」

手「ええすごいなあと思いまして」

小「さあさあ、これはまあライトな方ですから」

手「でもいいね、ほっこりする」

小「ライト甘いだから」

手「ライト甘いですね」

小「続きまして長編になりますので」

手「長編!あー超大作」

 

2.イエスの代わりに

祐也先輩とは同じ高校の部活の先輩。私は祐也先輩に片思いをしている。今日は部活の仲間と一緒に花火大会に行った。けれど行く途中で人が多すぎて先輩と私は部活の仲間とはぐれてしまい、ふたりっきりになった。

小(女)「祐也先輩、みんなとはぐれてしまいましたね」

祐「うーんそうだね、もうふたりで花火見ちゃおっか」

祐也先輩はいたずらっぽくそう言うと、

祐「ん。またはぐれちゃうでしょ?」

と、私に手を差し伸べた。私は黙って祐也先輩の手を取った。そして、祐也先輩は私の手を引いて花火大会の会場へと向かった。私は心臓が飛び出しそうなくらいドキドキしていた。されるがままに手を引かれ、恥ずかしさのあまりずっと下を向いていた。すると、ドーンと花火の音がした。

祐「うわやばい!めっちゃ綺麗だよ」

私は顔を上げて花火を見た。

小(女)「ホントだ、すごく綺麗」

次の花火が上がった瞬間、祐也先輩はつないでいた手を自分の方に強く引いた。そして花火を見ていた私にキスをした。

祐「(チュッ)」

小(女)「えっ」

花火が散り、静かになったとき、

祐「好きです。僕と、つきあってください」

そして次の花火が上がった。

小(女)「(チュッ)」

祐「えっ」

小(女)「されるばっかりじゃつまんないです!もちろん、私を祐也先輩の彼女にしてください!」

 

小「くぅ~~~~!!」

手「おいおいおいおいキスのキャッチボールじゃねえか!」

小「おーい!」

手「おいおいおい(小「いいね」)やばいっすね~あーこれドキドキしてんだよたぶんおれもドキドキしてんだよね、僕とつきあってください」

小「そうそう言ったのよ」

手「その中で答えがイエスじゃない!Kiss…イエス!高須クリニックじゃない、Kiss

小「ちがうよ!ちがう!」

手「すごい!すごいっすよ!」

小「告白して、『イエス!高須クリニック』って言われたら、まじ萎えるわ(笑)」

手「うそ!?こいつおもろいなー!と思うけどおれ(笑)」

小「いやいや(笑) いやいいねキス返し」

手「いいね!」

小「いやだからこういうの」

手「キスしてほしいもん、おれからもしたいのよ、でもしてほしいおれは」

小「女の子からさ何も、無言で言われるキスって、手越はどんな感じで」

手「ああもうドキドキしちゃうよね、キスしたときのこの、表情たるや、いいよね」

小「いい、これJKよ」

手「んじぇっ、じぇ…!?ん゛~~!!(重低音)」

小「ねえやめて(笑)」

手「どこに行けば会えますか~!(重低音)」

 小「やめろ、やめろおまえ」

手「(笑) じんわり汗かくんだよKちゃんNEWSいつも」

小「そうだね知ってる知ってる」

手「ほんと水が必須!ごくごくごくごく…」

小「飲んでねえじゃん!」

手「飲んでなーいつ!」

小「飲めよ!」

手「(笑)」

小「キャップ開けて飲んでないですってなんなんだよ」

手「(笑)」

小「つっこみなかったらこれもうただのこわい人だ(笑) こわいよ~ほんとに」

手「ありがとうございます」

小「まいりましょうかもう一つです

〈私はいま気管支炎になってしまい(手「ありゃ」)声が出ないのですが、ふとこんなこんな妄想をしたので送ります〉

手「わかるよ、経験あるんでね」

 

3.風邪ときどきバカ

ある日風邪を引いた私をお見舞いに来てくれた手越くん。でも私は声が出なくて、話を聞きながら頷くだけ。すると、手越くんがふと、

手「ねえ、おれのこと好き?」

もちろん大好きと答えたいのだけれども、しゃべれない私は何度も首を縦に振って精いっぱいアピール。しかし、

手「言ってくれなきゃわかんないよ!」

ショックで泣きそうになる私。

手「…おまえがおれのこと好きなことぐらい知ってるよ、ばーか!(チュッ)」

 

小「あ~~」

手「バカップルだなおい~!バカップルだけどスキ!!」

小「好きだね(笑)」

手「ええバカップル思考のわたくしからしたらこれはもううらやましいかぎりでございます」

小「手越さあちょっと彼女がさあちょっと弱ってるとき好きでしょ?」

手「すき!」

小「好きなのよちょっと~」

手「だから熱とか出てて、チューして、おれが全部菌もらってあげるって言いたい」

小「あ~~!だからうつっちゃうからやめた方がいいよっていうのが、より燃えちゃうんでしょ?」

手「もうもうそれ燃えちゃういっぺんマスクを下にガン!ってずらして無理やり首もってチューする。うつってもいいのおまえの菌おれの中に入れておれが殺してあげるからと」

小「…(笑)」

手「言いたいんですおれは」

小「すげえな…イケメンだなやっぱり」

手「どう?で、どう?相手弱ってたらどう?」

小「え、相手弱ってたら?いやもうほんとに寄り添うよ」

手「あ~」

小「いやほんとうつってもいいと思うわ~」

手「うんうん」

小「ただほら女の子ってさ、その弱ってるところを見られたくないっていうのあるでしょ、たとえばお化粧があんまりできてないとかさ」

手「あーはいはいはい」

小「ちょっとこう自分が苦しいところ見られるの恥ずかしいなっていうのあるだろうけど、そこに燃えるんでしょ?」

手「燃えるね!!燃える!ちょっと汗とか、汗とかトントントントン拭いてあげていいにおいとかいいですね」

小「いいにおいはおかしいだろ(笑)」

手「(笑)」

小「汗トントンまではわかるけど」

手「おれにおいフェチだから、鼻炎なのににおいフェチなの!鼻炎なのにだ!」

小「わかった鼻押さえててわかるから大丈夫」

手「ほんと」

小「うん、弱ってるところ見んのはわかるよ、だし汗を拭ってあげるのもわかる、ただそれを嗅いでいいにおいはわからない」

手「いやいや、鼻炎なのにだ!」

小「鼻炎なのにだ(笑)」

手「(笑)」

小「さあ皆さん、夏の妄想できたでしょうか?」

手「え~どうでしょかね~興奮していただけたでしょうかね~」

小「はい次夏のあとは秋がきますからね」

手「秋がね~!」

小「ぜひとも秋の妄想もお待ちしております!」

手「ええどうぞもみじ」

小「もみじ(笑)」

 

ふつおた

小「ふつおたでーす!」

手「普通のオタメンディー!(重低音)」

小「おためんでぃ?」

手「サッカー選手ですごめんなさい」

小「普通のオタメンディわかんない(笑)」

手「わかんないでしょうね(笑)」

〈私は祐くんがファンのみんなに子猫ちゃんや彼女と言うのが大好きです。これから言ってください!〉

手「あかわい~おたより!」

小「かわいいじゅうごさい!高校1ねんせいじぇいけい!」

手「じゅうごかーーーーおれんとこ…(重低音)」

小「ダメ(笑)」

手「おれんとこへ来い(重低音)」

小「抑えて(笑)」

手「え?違いますか?」

小「JKさんでございます」

 手「違いますか?」

小「なんかこれからさ、なんか子猫ちゃん、の、まあ、彼女、あとなんかある?」

手「わかんないんだよ降りてきてるからさ」

小「あっあの瞬間に考えてるんだ」

手「おれなんも考えてないからね」

小「あそうなんだ」

手「おれMCとかもしゃべって今回も頭のweeeek前とかしゃべってたじゃん、なんも考えてないみんなそうだと思うけど」

小「そうね」

手「いっさい考えてないからね」

小「まあまあまあじゃあもうこれさ、しおりちゃん(投稿者さん)もこれさ、あの手紙を読まれるのってほんとにすごい確率で読まれてるわけじゃん」

手「うん」

小「だからしおりちゃんに向かってなんかこう言ってあげたら?」

手「しおりちゃんに?」

小「しおりちゃんに向かって、子猫ちゃんとか彼女とか言うの嬉しいんだって、しおりちゃんに向かってだけ」

手「いやおれがしおりに言いたいのは」

小「あっ来たよ」

手「しおりに言いたいのはね、運命の歯車ってどこでどう交わるかわかんないってことをおれ言いたいわけ。おれだってもしかしたらジャニーズに入らずに別の道にいってたかもしんないし、でもおれからしたジャニーズに入ったの奇跡だしNEWSになったのも奇跡なわけよ、だからほんとにひとつ覚えといてほしいのは、今後おれとしおりちゃんが出会い、そしてつきあい、結婚する可能性がゼロパーじゃないことはお伝えしておきましょう」

小「いま15歳でありえる」

手「ありえるでしょう!だっておれが年齢重ねて、しおりちゃんも年齢重ねて、もし将来出会って、結婚する可能性ってゼロじゃないから!それは全員に言えるけど」

小「それはそうだ」

手「うん、でもし出会ったときはよろしく♡」

小「(笑)」

手「なに(笑)」

小「いまのよろしくは漢字の方だったね(笑)」

手「(笑) それだけはお伝えしときたい(小「夜露死苦」)、しおりちゃんほんとに夢は諦めないで!」

小「(笑)」

手「おれ」

小「歌詞だな、『夢は諦めないで』」

手「諦めないで、絶対、諦めたらそこで終わりだから、常に、◎#★*△※!&☆$?&~(何かの歌詞)」

小「わかったよ!!うるさいなわかった!!」

手「(笑)」

小「黙ってえ~!?」

手「(笑)」

小「曲いきます、NEWSで『バタフライ』」

手「ある意味飛んでこう」

小「(笑)」

 

・エンディング

小「さあ、先ほどはね、ちょっとしおりちゃんだけにさ」

手「あ~ちゃんしおりだけがな、嫉妬しちゃうかな全国のね、全国の子猫ちゃんが嫉妬しちゃうのかなうん」

小「そうそうそうだからしおりちゃん以外にもね、今度向けて」

手「あ~すぐ嫉妬しちゃうからかわいいんだからつんつん♡」

小「(笑) しおりちゃんも含め、全国の女の子たちが手越くんと出会い、もちろん僕とかもしれない、しげとかもしれない、まっすーともぁ…だれかとむす、」

手「運命の歯車どうなるか」

小「わからない!結ばれる可能性はすべてです」

手「ええ」

小「だってねえ、明日街で、たとえば僕と出会いました、僕もビビッときた、あっちもビビッときた、あれ?なんてこともね」

手「わかんないどうなるか!」

小「わかんないからねえ~ということでじゃあお相手はNEWSの小山慶一郎と」

手「ちょっとそれおれどう言えばいいの(笑) 適当に投げたでしょ!」

小「手越祐也ですって言って」

手「ああ手越祐也です!はい」

小「で最後に、あのしおりちゃん以外に、ま運命の歯車にかけて、こう可能性を込めてね、これから出会えるかもって思ってる子猫ちゃんたくさん」

手「あ~確かに確かに」

小「いるじゃん、可能性はゼロじゃない」

手「わかりましたわかりました」

小「その子たちに向かって、こう期待をもてるような」

手「わかりましたわかりました、もうくるこないじゃない、いるから」

小「(笑)」

手「セイ」

小「セイ、オケイ」

手「セイヒアオーケイ」

小「外のお姉さんの不信感(笑) 不信感丸出しでさ」

手「こんな顔とか動く人いないからね!」

小「僕ねいまからね実は取材を受ける文化放送さんの、それで文化放送さんのあの方はライターの方かな、あんな不信感の目でこっち見たの初めて見られたね」

手「うーんしょうがないしょうがない」

小「そうそう、あっ金髪の手越さんがいるってすんごい覗いてる」

手「なぜならおれは手越祐也だから」

小「(笑) すいません人生の歯車よろしくお願いします」

手「いいですか?」

小「最後聞くんだ(笑)」

手「いいですね?(エコー)あのさ、みんなその、運命がどうなるかなんかわかんないじゃない?でこの先さ、もしおれと出会って、もし仮に結婚することになったとして、おれ、言っときたいんだけど将来のお嫁さんに。男の子と女の子両方ほしいわけ。だから、すごく、これはね聴いてるリスナーの方に僕の将来の結婚相手がいるんだとしたら、負担かけちゃうかもしれないけど、おれの将来の子ども、男の子女の子、それぞれよろしくな!いまはキスだけで我慢して?おやすみ(チュッ)」

小「(ライターさんに)どうですか?いまの手越の聞いて」

手「(笑)」

ラ「長かったです」

小「長かった!(笑)」

手「ありがとうございます台本はなしでやらせていただいております!」

小「台本はなしですありがとうございました!」

手「また来週!(重低音)」

  

○主観

冒頭のはいてません芸、手越さんも手越さんだけどそれに対する小山さんのつっこみがもうぶっ飛びすぎててwww この手越さんのノリが毎度続いたらさしもの小山さんも叫ばざるをえないよなお察し。心中お察し。

ふつおたの投稿者さんに向かって手越さんが運命云々って言ってたの、ふざけてるように聞こえてその実そうだよなあ~とちょっとしみじみしてしまった。まあ運命ってなにも恋愛結婚に限ったことじゃないけど、わたしがいまこうやってキーボードをパチパチしてるのも考えれば運命の結果と言えるだろうし、なによりNEWSと出会えたこと自体運命だと思ってるから、そう考えるとなんだかふしぎな気持ちがするよねえ。

最後いきなり子どもの相談してこられてこれ運命の歯車のどのあたにかけてるのかよくわかんないなと思ったけど手越さんだからなんでもいっか。手越さんだから。

妄想キッスあるからってだけじゃなく今回かなり疑似恋愛色強くて個人的にはすごく興味深かったし、かつて卒論で疑似恋愛を扱った身としてはこういうアイドル側の発言を取り入れたうえでさらに考察して、もっともっと研究していきたいなあと思うのだけれど、かなしいかな現状院に進んでいない以上どうしようもないのだった。完。