読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛び越えてセンスの向こう側

『正直、意識してますよね?』

 

2016年2月23日放送●KちゃんNEWS

 

・オープニング

小「そろそろ卒業シーズンということで~みなさんおめでとうございます!ゲストは増田貴久くんでぇ~す!」

増「イェ~ありがとうございまぁす!」

小「もうね卒業の時期なんですよぉ」

増「卒業か!」

小「うん、2月23日って亀ちゃんの誕生日じゃない?たぶん、ねおめでとうございまぁす亀ちゃん」

増「おめでとうございまぁす」

小「ね~」

増「へ~そっかそっか~」

小「そうですよ卒業式」

増「卒業、あんま~…」

小「うん」

増「思い出あります?なんか」

小「僕はね、でもクラス委員やってたんですよ中学のときに」

増「ほう」

小「クラス委員やってて、最後の挨拶僕だったんですよ」

増「うん」

小「体育館で卒業証書みんなもらって、で教室に戻って、最後の挨拶みたいので僕は教壇の前立って、あの~挨拶をしたときに、も嗚咽よ」

増「へぇ…」

小「ま僕の、想像つくでしょ?嗚咽でしゃべれない感じ」

増「うんうん」

小「あれで終わって、みなさんさようなら!(涙声)っつって、それが僕にとって卒業式としては思い出、ありますけど」

増「へえ」

小「まっすーは?なんか卒業式…」

増「おれ一番のまあ思い出はぁ、中学、まあ小学校中学校一緒で地元のね幼稚園とかからの一緒にこうやってきた友達、とやっぱ別れる中学校の卒業式?が、金八の中学校の卒業式と被って、学校の卒業式行けなかったのよ。じ、自分の学校行けなくて」

小「あ~~なるほどね!」

増「そうそう、っていう」

小「金八の方逃げたんだ」

増「金八の、卒業式の、撮影、の日」

小「ねえ金八やってた人みんな言うけどさ、ほんとにそれがひとつの学校、みたいな感じになるって言うじゃん」

増「そうそうそうなるなる」

小「そんな感じなの」

増「そんな感じ、ほんとに」

小「じゃ卒業するときやっぱ寂しいもんなの」

増「寂しいしちょう泣いた」

小「あそう!」

増「うん、ほんっとに楽しかったから」

小「そうなんだね!」

増「うん」

小「なんか金八、に出てる人たちってほぉんとに絆が強いじゃん」

増「そうそういまだにだって遊ぶからね、みんな」

小「でしょ?」

増「うん」

小「 そうだよねでもあの~さ、ああいう時期をさともに過ごしたっていうの大事な経験なりますよねぇ」

増「うん」

小「ね、そうか、それは、あほかの、その学校の、方の、卒業してからも、友達とはあ、会えてんの?」

増「会ってる会ってる、いまだに仲良いしみんな」

小「そうだよねぇ

増「そう、でもなんかこれから卒業だとね、いろいろ環境変わるだろうけど」

小「そうなんだよ」

増「ちょっと、」

小「やっぱね連絡を密に取った方がいいよね」

増「うん、仲良い人とね、やっぱこう、ちゃんとね」

小「そうそうそう」

増「つながっていてほしいな」

小「うん」

 

・ますおこ

増「卒業するとき、ちゃんと先生にお礼言わないとダメだよ!ますおこ~!」

小「ヨイショ~やってきました~!」

増「これは怒るよ!うん」

小「リスナーの皆さん過去にやってしまった悪いことに対しまっすーが、怒ってくれるのカナ?というコーナーでございます」

増「怒ろ怒ろ」

小「では紹介していきましょう」

〈部屋が片づけられず、物を整理したり捨てたりすることができません。まっすー怒って!〉

増「なるほどね」

小「そして片づけのコツを教えてください」

増「なるほどわかる!気持ち」

小「わかっちゃった(笑)」

増「わかるよ!」

小「ねまっすーってさぁ、洋服どうしてんの?」

増「…困ってるね!」

小「だよね(笑) え、まっすーも、着るかもしれないの人で置いとく人?」

増「もちろん!」

小「あそう!」

増「うん、おれ基本的には、いらないわってあんまなんない」

小「いやだからその買い物がたぶんね上手いんだわ」

増「うぅん、まあ」

小「もおれこれ着ねえだろうなっていうのいっぱいあるもん」

増「あーだからセンスが完全に変わったみたいなね?」

小「そうそうそう、だから、まっすーはいわばば、ぶれてないわけじゃんファッションの」

増「おれ全然ぶれてないよね」

小「好みも。だから、おれとかたぶん手越は、全然着なくなっちゃうものが多い」

増「変わったよね」

小「そうそうそう」

増「うん」

小「だって手越なんかいまもうドクロなんて着けたくないらしいよ(増「うん」)、着たくもないらしいよ」

増「ドクロのもの見るとうわ!ってなるもんね」

小「そう、うわ!って。だから、もしこれ後輩のみんなが聴いてたとしたら、手越になんかドクロ系はすぐもらえるよいま、たぶん」

増「うん、確かにね!ドクロこれ好きですみたいな、後輩いたら」

小「もういいよいいよ!っつって、いいよいいよ!っつって」

増「おれ、ドクロどーん!っていう、あの、Tシャツとかシャツとか、何着かあげたんだけどさあもう着なくなるってことだよね」

小「そうだね(笑)」

増「寂しいワ」

小「おれもなんかいろいろあげたなー」

増「ね、あげたね」

小「だってさ逆に言ったら手越がドクロを着けてるときは、おれとまっすーはドクロ着なかったもんね」

増「そうそう、だから小山とかおれとかちょっとドクロ復活してきたところあるよね」

小「そうそうそう、ちょっとね、おれらおれとまっすーは早めにドクロ着てたのよ(増「そうそう」)、手越があま、あまりにはまったから、一回退いたの」

増「そうそう」

小「でも、いままたあっ使える!」

増「だってなんならさ、あの、手越がもう毎日のようにしてたドクロの指輪もさあれもともと小山がしてたんだよね?」

小「そうだよ!もともとしてて、おれは外したんだからそっと」

増「そうだよね、そっと置いてねぇ、引退したんだよねぇ(小「そうそう」)。あそれこそ卒業したんだよねぇ!」

小「卒業しましたよ~」

増「あれあ、持ってんの?まだあれ」

小「あるよなつかしいな~~」

増「いいじゃんあれして、」

小「原宿で買ったなぁあれ」

増「(笑)」

小「店知ってるでしょ?」

増「ああ、1階んとこ?」

小「そうそう(笑)」

増「ああそうなんだ」

小「懐かしいな~~」

増「へぇ~え」

小「いやでも、そうだね、でも僕なんかはもう、着られなくなったら後輩にあげたりとか、あとね寄付をしちゃう、もう」

増「あっすごい!」

小「そう(増「素敵」)、あの~洋服寄付できるところがねホームページ載ってますからね、調べたりすると」

増「ちょっと紹介してよ」

小「ああもちろんもちろん、知ってるのかと思ってた」

増「でもまあおれの服~、なんか、マジかよ!!みたいになる、なる可能性が」

小「寄付をしていただい、たかもしれないけどちょっと受け取れませんってなるかもしれないな」

増「そうそう返ってきちゃったりしてね」

小「まさかの返ってくるってなる」

増「でもおれスタッフさんと、このさ地元の友達たちにあげたのよこの前」

小「おお!喜ぶじゃん」

増「服、デカい紙袋、にぽんぽん入れて、あげたの」

小「うん」

増「一個は友達に持ってくときに、持ってって、でもう一個はスタッフさんに、渡そうと思って」

小「それちょっと自分の中で友達用~に、チョイスしたやつとスタッフさんにチョイスしたやつちょっと違うの?」

増「分けた、分けた」

小「あ分けたんだ」

増「違う、全然違う」

小「うん、うん」

増「で、スタッフさんはシャツが欲しいって言ってて、シャツをメインでこう、まいらないこう、チェックのシャツとかいらないやつを、あげたんだけど」

小「うん」

増「やっぱ、こう、あげる、スタッフさんに自分の着てた服をあげるってなったらやっぱちょっと、ちゃんと洗おうと思って(小「わかるわかる」)、せ、ギリギリに洗濯して柔軟剤ちょっと多めに入れて、ちゃんと洗ったのよ」

小「うん(笑)、うん」

増「で、家出なきゃいけない時間…に、こう乾燥、ね、終わってるかなと思ってあ、見に行ったらびしょびしょで、あれっ!?でももう、今日あげたいしなあどーしよっかなあと思ってそのままびしょびしょのまま袋に入れて持ってって」

小「おい(笑) より臭くなりそうだなそれ」

増「びしょびしょのまま(笑)」

小「それでもありがとう、って言うしかないもんなもらった方はな」

増「嬉しい~っつってもらってくれてたけど」

小「そうかあ~」

増「まあ、いらないと言えない状況だったからねぇ、うんちょっと困ったかなあれは」

小「でも後輩なんかまっすーのさあ服欲しい人とか出てきてるでしょいっぱい、ツアーなんて回ると」

増「あ、おれツアーのJr.とか多いね」

小「ね」

増「断捨離手伝わしてくださいってみんな」

小「そう、要するにさあ、ほら、私服を見るじゃないツアー中って、だからまっすーの、その私服のかっこよさみたいのに気づきだして、最初におれ噛ませ犬でね、小山くん服もらえませんかなんて始まるわけですよ」

増「うんうん」

小「で僕なんかあげたあとに、増田さんに聞いてみていいですかねみたいに」

増「うんうんうん」

小「うん、おれに、聞かなくていいんじゃないかなみたいな感じで」

増「あ小山経由のね、小山くんにはもらえたんですけどみたいなね」

小「そうそうそう」

増「うん」 

小「だれの私服がJr.に人気なん、いやまっすーじゃない?やっぱまっすーみたいな恰好をしたいんだと思うよ。ちょっと個性的で、なんかこう、かっこいいじゃん。おれとかは、しゅっとしててきれいnめな感じだから」 

増「ああ」

小「あれだけど」

増「おれ絶妙なのかな」

小「や、まっす絶妙だと思う」 

増「もらえそうみたいな?」 

小「そう、だし、なんか、くれそうじゃん」

増「(笑) 褒めたら、褒めたら喜んでくれそうみたいな」

小「あいついつもニコニコしててくれんじゃねえかっつって(笑)」

増「バカなやつだと思われてんの(笑)」

小「(笑)」

増「いやいやいやいやでもね、ほんとにまあいらないというかね、こう、なんか自分が着ないんだったらすごい大切にしてくれる人にあげたいなと思うけど」

小「そうそうそう、そうだよね、はい、以上ますおこでした」

増「はい」

 

ふつおた

小「ふつおたぁ!」

増「ふつー」

〈先日ジャニーズWESTファンの友達が、増田くんがジャニーズWESTのライブに来てくれたと教えてくれました。MCのときにも名前が出て、小瀧くんが「おれの舞台にもライブにも来てくれて嬉しい」と言っていて、最終的には重岡くんにジャニーズWESTのファンなんじゃないかとまで言われていたそうです。増田さん、ジャニーズWESTのファンなんですか?〉

増「(笑)」

〈中でも、だれが一番好きなんですか?〉

増「ああ…ジャニーズWESTのファンなんですかはね、まあよくわかんないすけどね」

小「いやいや(笑) 後輩だからね?後輩だからね観に行くのはまあありますけどね」

増「うんうんうん」

小「だれがその~まあ、密に連絡を取ってる、人なんですか?小瀧くん?」

増「だから小瀧と、流星と、あと濵…ちゃん」

小「ああ、ああ!」

増「の3人の、連絡先を知っているんですよ」

小「ん、だれが一番連絡来るの?もしくはするの?」

増「濵田くんが一番来ますね」

小「濵田君ってさ長いよね」

増「長いんじゃない?いやもしかしたら小山、」

小「おれより先輩じゃない?」

増「そんなことある?」

ガ「2002年入所」

小「あ、おれとほぼ一緒だよ。だから、濵田くんは、2000、2年ぐらいに入ってるの?だとしたら、僕は2001年に入ってますから、そんな変わらないね」

増「へえ~!」

小「だからおれだから濵ちゃんとか言えないもんだから、ちょっと近いから、濵田くんってなっちゃう…(笑)」

増「まじで!後輩感はすごいけどね」

小「あは、濵田くんってなっちゃう…あそうなんだ」

増「へ~でも小山とか手越とか遅い、手越が一番、だよね?手越より先輩はだってけっこういるんじゃない?」

小「そうだねえ、そうね、そうそう」

増「いやたぶんおれこんな感じの中ではけっこう長い方なんだろうね」

小「いや、ほんとだよ?増田さんはねけっこうな先輩だよ」

増「そうなんだよね、意外と。手越と4年違うわけですからね」

小「うん」

増「うん、ずいぶん、あの、態度で追い抜かれたもんだぜ」

小「(笑) 態度はもう手越はもうベテランだからね~」

増「態度ベテランだよねぇ、うん」

小「そうかあ、で小瀧くん、とか濵ちゃんとか~それこそ流星くんと、連絡を取って」

増「うんうn」

小「なに、なに話すの?」

増「いやでもそれこそ、洋服ちょうだいって言われ、てる」

小「あ~!あれ、あのすごいファッションがさあ、好きな子いるよね?」

増「いやみんな好きだよ、すごい」

小「あの、どの子だっけ、あの髪の色すごい変わる子なんだけど」

ス「神山くん」

小「あの神山くん、とまえエレベーター一緒なったらさあ、ま~いろんなんしてたよ、おれ、とまっすーが好きな、ブランドのやつをま~~全身に」

増「へえ、みんなすごい好きみたいよ?服。でもねあの、桐山だけね、おしゃれじゃないの全然」

小「(笑)」

増「すーごいださかった、服(笑)」

小「桐山くんってなんかあんまり、そうだねおしゃれなイメージないね~」

増「桐山くんね服ださかったよ、いやでもねそれも直接言った! おれ。『おい、お、服だせえな!』(笑)」

小「ははは!(笑)」

増「うん」

小「あ桐山くんそうなの(笑)」

増「いやださいんじゃない、たぶん、間違いない、自分が気に入ったやつをいっこをずっと着てんだろうね」

小「そうだろなあ、おもしろいな~、なんて言ってたそれ言って」

増「え、失礼じゃないすかって怒ってた怒ってた」

小「それはま失礼だろうな」

増「おいだせーなっつって」

小「なんかWESTのなんか神山くんに聞いたらぁ、彼がけっこう中心に衣装を、考えてんだよね?それでなんか(増「あそうなんだ」)、だからその、みんなでこs、その好きな、ニュアンスはそれぞれ入れるけど、みたいな」

増「うんうん」

小「そうだよでも衣装考えんの大変なんでしょ?」

増「いやいやちょ他人事だな!他人事だな!大変なんでしょじゃねえよ、大変だろそれいっぱいや、ね、でも僕はねほんと好きなことなんで」

小「そうそう」

増「いやいや」

小「いやいいよ、ほんとに、僕らも絶対なる信頼をしてますからねえ」

増「ありがとうございます」

〈まっすーの唇が大好きです。上がちょっと薄めで下が分厚くて、ぷりっとした感じが最高です。唇占いというのを見つけたのですが、まっすーのような唇はむっつりスケベ、クールなふりして本当は欲望が強い、心より身体を優先しがち〉

小「だそうです(笑)」

増「いやいや、バカにしてんじゃねえか!

小「〈どうですか?当たってますか?〉(笑)」

増「当たってねえよ当たってるのかなと思って送ってきてんじゃねえよ!」

小「(笑) ますおこだ、まずどうですかむっつりスケベまあ合ってるよねえ」

増「合ってないでしょ(笑)」

小「え?」

増「なんかその、にゅってその、なんつうの、表立って言ってないだけで別に普通だと思いますよ?」

小「あ表立って言ってないだけ?」

増「むっつりスケベだっていうその、設定をもたれちゃうと、もそうでしかないじゃん」

小「そうだね(笑) うん」

増「むっつりなんでしょみたいな、もう、前提やめてほしいよね」

小「そうね、クールなふりしてほんとは欲望が強い、おおあるあるある」

増「クールなふりしてねえし!」

小「(笑)」

増「普通だよ、うん」

小「最後がもう、すごいね、心より身体を優先しがち(笑)」

増「もうエロ、エロい、それ、エロい」

小「もうむっつりじゃないもんね、もはやこれ、うん」

増「それぶれてちゃってるそのね、認識が(小「そうなのよ」)そのー提示がぶれちゃってる」

小「ぶれちゃってるわ~」

増「心より身体優先するむっつりってもうすごいことなっちゃうよね」

小「だから要するにだからスケベでいいんじゃない、要するにスケベでいいんじゃない」

増「だとしたらまあ…いいでしょう(笑)」

小「いいでしょうまあま間違ってはない、間違ってはないよ。そうなの唇占いってのあるんだ」

増「いやないだろそんなの、おかしいだろ」

小「いやいや」

増「状況によっても変わるよそれ、水いっぱい飲んだりほら腫れるときあるだろ」

小「(笑)」

増「荒れてるときとか」

小「すげー唇について出てくんじゃん、そっかぁ、まおもしろいねそういうのあるんだね」

増「うん」

 

・エンディング

小「さお別れの時間なんですが、来週あたりに手越くんが来てくれるということで、まあシゲからまっすーへのメッセージありました。まっすーから手越へのメッセージなんかこうあればね」

増「ああそれシゲがこの前来てたから」

小「そう」

増「おれにメッセージが来てたんだ」

小「そうそう、まっすーにっていうことで、聞いたらくれたんで」

増「うんうん」

小「ちょっとリレーじゃないですけどまっすーから手越にね、なにか、ありますか一言」

増「なんですかねなんか最近やっぱ手越さすげー急に服、好きになったでしょ」

小「いやほんとに、あとちょっとコアなブランドにちょっと反応しだしたしさあ」

増「そうそう、おれとか、小山とかがじわじわじわじわ攻めてったブランドとかを、なんかいっこ飛び越え、なんかこう、そのちょっとジャンル違いの、そのなんか親戚みたいなね?」

小「そうそう」

増「ブランドとかのやつとか急に」

小「我が物顔でね」

増「そうそう、知ってるこれ?ぐらいの」

小「そうそうそう(笑)」

増「なんなら、なんならほんとに、おれ前から着てましたよっていう感じで着てくんだよね?」

小「おれら、なんならそれ持ってるからそのブランドのやつ、みたいの」

増「ちょっとその、いっこ前のシーズンのおんなじようなやつ持ってるし、みたいなやつを、もしかもなんならねすごく、すごく主張して着てくるからね、それもう着づらくなっちゃう」

小「ちょっとさあ、まっすーに寄ってきてるところあるよね」

増「寄ってきたとこあるでしょ」

小「それ聞いとこ?だってさ、雑誌の撮影したときにさあ、まあ、僕らは自分らの私服から衣装に着替えるわけだけれども、私服かかってたんですよ前、あだからそのレギンスに黒のレギンスに、まちょっとサルエルの、黒の、ちょっとこう~ハーパンみたいなやつ、がねまるっきり同じのが2個かかってたのよ」

増「うん」

小「あれこれ、まるっきり一緒じゃんって思ったら、まっすーと手越のやつだったの。でまっすーのそれはよく見るのよ」

増「うん」

小「で手越もそれをやりだしたから、でも手越的にはまっすー真似すんなみたいなことだったたぶん」

増「あ手越が最初なの!?」

小「(笑) どう?聞いとこうか」

増「小山も、おれがずっと昔からあれをはいてるってことは知ってるわけだから」

小「いや知ってるし、」

増「小山は服好きとしてね?たぶんあのーブランドも知ってるだろうし」

小「そうそう、レギンスに、あのハーパン合わせは、もまっすーしかやっちゃいけないとおれは思ってるから」

増「でしょ?でしかもそのなんかね、へんなこう~へんな格好したいみたいな、レギパンじゃないことはちょっと伝えときたいね」

小「そうね」

増「ほんとに~」

小「めっちゃおしゃれ」

増「そそ、ちょ、けっこう攻撃的な感じ」

小「そうそうそう、だから、けっこう、攻めるんだったりけっこうそういう自分のセンスをもってないとああいう組み合わせにならない組み合わせなのよ」

増「うんうん」

小「それをまるっきり同じ状況が手越やってたからね」

増「うん、じゃわかった質問、手越にメッセージ。正直、意識してますよね?」

小「ああ~じゃそれにしよ、まっすーが、服装」

増「うん、あ、正直、意識しましたよねでいい」

小「あ~そだね、それじゃ聞いとくわ。いや~してないって言うだろうな~」

増「してないって言うのに、あの~ジュース2本賭けるわ」

小・増「(笑)」

小「そだな」

増「二人分ね?」

小「うん、さまもなくねアルバムの発売も迫ってまいりました」

増「はい、3月9日!」

小「うん!」

増「その、アルバムを引っさげて、NEWS LIVE TOUR 2016!QUARTETTO

小「オーケィ!アールがいいね」

増「クァル」

小「ぜひともね、聴きこんでいただいて一緒にライブで、遊べたらなと思いま~す」

増「お願いします!」

小「お相手はNEWSの小山慶一郎と」

増「増田貴久でしたっ!」

 

○主観

今回のこやます回すごい良かった~~お洋服の話できゃっきゃ盛り上がってるのもかわいいし、それで手越さんの話題にもっていくのも楽しいし、なんだろ、クラスのあんまり関わりのない男子の休み時間中の会話を聞くともなしに聞いてるような気分になる。聞こうと思って聞いてるんじゃないけど、休み時間の喧騒に紛れて聞こえてきて、あ、このふたりってこんなに仲良かったんだ、意外だな~ってふと思って、でもそれで会話に集中するんじゃなくて引き続き次の授業の予習やってるみたいな。感覚。来週手越さんがなんて答えるのか楽しみ(笑)