読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QUARTETTO, WORLD, STARLIGHT

Kラジ こやます

…は?

 

2016年2月16日放送●KちゃんNEWS

 

・オープニング

小「やぁってきましたスペシャルウィークということでゲストはまぁすだ貴久くんです!」

増「や~~やっぱね安心感がスゴイ!」

小「そう!もう安心してください!」

増「スペシャル安心感!」

小「増田さんですよということで」

増「うん、来てますよ」

小「実はね先週ゲストのシゲからメッセージありましてまっすーに」

増「はいはいはい」

小「『最近がんばってるねっ』ていうことですね~

増「ちょ上から来んじゃねえよ

小「(笑) まさかのますおこがここで、登場するということで」

増「後輩だし、年下だぞあいつ」

小「(笑) えぇってました、最近頑張ってるねっ(笑)」

増「上から来てんな、本書いてちょっとあれか?調子乗ったか?」

小・増「(笑)」

小「やこう、ツアーに向けての打ち合わせであったりとか、ま衣装もそうですけど、ま3人が帰ったあとまっすーだけね打ち合わせ残って、こう~やってくれたりとか、そういうところをシゲも、見て、ああ最近あいつ頑張ってんなと」

増「あいつ(笑)」

小「(笑)」

増「だとしたら、うん。今日も、このあとライブの打ち合わせっすからね、僕は」

小「エッ!?」

増「うん」

小「僕このあと寿司っす」

増「…は?

小「(笑)」

増「もいっかいいいですか?」

小「うん」

小・増「は??(笑)」

小「えなんの打ち合わせすんの?」

増「衣装と(小「衣装?」)、はい」

小「ああ管轄が違うからな」

増「はい衣装もやりますし(小「あ~衣装かぁ」)、まあちょっとおおまかなとこもね」

小「そうかあ」

増「やっぱやってますよ」

小「そうそうほんと助かってますよ」

増「うんだれにも伝わってないみたいなとこあるからねそれはね」

小「でも今回さちょっとまあ役割としてままっすーそういったまあ全体構成とまあ衣装とかで、シゲたとえば映像に携わるとか、で僕はたとえばこうMCであったりあおれの部分だったりところを頑張ろうと思っている、えーあいつはなにやんのかな」

増「あいつはですか?あいつはねぇ、なんか~やってるふり…」

小「(笑)」

増「うん」

小「イェ~イって言ってるかなあどこでも」

増「イェ~イって言ってるふりですよね」

小「うんそだね」

増「うんコンサート作ってます感は一番出したりするからな~あいつがね」

小「そうですねけっこうばーって打ち合わせでもおれとまっすーとシゲぶゎーしゃべった最後に、なんかどんってなんか」

増「そうそう」

小「おれが決めたかのような」

増「そうそう」

小「発言を~」

増「なんかねもってきたいんでしょうね」

小「(笑)」

増「ん~そういうとこあるよね」

小「まあバランス良く、仲悪いわけじゃないからねこれ(笑)」

増「おれはこっちのがいいと思うわ!みたいなね」

小「そうそうそう」

増「それ、おれら言ってたいままで、30分その話したことはそれだぜ、みたいなね、うん」

小「そうそうそう、まあねそんなのもありますから」

増「今日なんなn、今日なにやるんでしたっけ?このあと」

小「ん?今日?え~」

増「おれこのあとNEWSのライブの打ち合わせこのあとあるんですけど」

小「あ~え、そうね、寿司

小・増「(笑)」

小「久々に寿司を食べに行く」

増「お寿司食いに行くの?」

小「うん、まさかのね」

増「持って来いよ持って来いよ」

小「(笑) いやでもさ最近こう~メンバー間でもねたくさん話すこともありまして」

増「うんうんうん」

小「だからちょっと手越来れなかったけども、おれとまっすーとシゲでね」

増「はい」

小「お酒飲みながら、ちょっと語り合ったりして」

増「そうね」

小「そうそうそう」

増「やっぱライブ前はちょっと仲良く、こうね、ライブ関係ないことも話した方がいいんじゃないかなみたいなとこはやっぱあるからね」

小「いやほんとにちょっとプライベート一緒にすることがさ不自然じゃなくなってきたもんね」

増「う~ん」

小「だからちょっと、また行きましょうよ」

増「うん、ぜひぜひね」

小「で今夜は、後半でアルバム『QUARTETTO』から一曲、メディア初解禁ということで」

増「お!」

小「は~ぃ最後まで楽しみにしといてくださぁ~い!」

増「はい」

 

・世間が増田についてきた

小「世間が増田についてきた!」

増「ついてきた」

小「さあとにかく、まあ流行に詳しい増田さんにリスナーのみなさんの周りで流行っていることを評価してもらうコーナーでございます」

増「なるほど」

小「増田さんには感じるものがあったかどうかをアリか、まあナシは無いと思うんだけどもアリなのかどうかってことをね判定していただこうということでございます」

増「はい」

小「えーまずはこんなメールが来てます」

〈先日、朝の情報番組で、2016年流行るアクセサリーはイヤーカフと紹介されていました。しかも注目の形は三角形。まっすーは数年前から三角形のイヤーカフを着けていたので、まさに世間が増田についてきたなと思いました〉

増「ああ…流行んないんじゃないすか?」

小「いやあだいぶしてたじゃん」

増「いま丸いのにしちゃいましたよ」

小「あほんとだいま丸い」

増「丸いの」

小「ちょっとキラキラしてる。えそれってなにあのー別に穴開いてないんでしょ?」

増「穴開いてないよ」

小「はめてんでしょ?」

増「すぽってはめてる」

小「あのさんかっけいもね~みなさんね手に入るようでねまったく手に入んないやつだからねあれね、まっすーのやつもね、実を言うと(笑)」

増「そうなの、あれは自分で作ったんすよ」

小「そうそう、だからね似たようなものは売ってないんです実はね、そうそう」

増「売ってないんですね~すいませんねぇ」

小「だからこう~でもまっすーのさあまファンの子であったりとかNEWSのファンの子、あ、三角形の、イヤーカフいいななんて思って、着けてた人たちは、だからまっすーと一緒に時代を先取ってたわけだからね」

増「なるほどね」

小「そういう意味ではね」

増「うん、いやでも自分がなんか作るとかはアリかもしんないよね」

小「オリジナルをね」

増「うん」

小「どうなんすかイヤーカフが流行る、それとも三角形…のイヤーカフが流行るんですか」

増「いや、逆に流行んないでほしいんで全力で、阻止します」

小「イヤーカフってでも、す、た、なんかすごい垂れてんの、あれでしょ、なんか手越みたいなやつ、手越みたいなやつ」

増「あ~それあの耳に引っかけんじゃないの」

小「昔あったよね!?そういうの」

増「あったよね?おれあれちょ、だいっすきだったあれ」

小「あったよね!?」

増「うん」

小「こう着けて~」

増「なんかイヤホン、なんつーの」

小「そうそうそう」

増「耳の上に引っかけて下にもこう、なんてゆんだろうな」

小「そう、そうそう、なんつ、こうやって」

増「Cみたいな形してて」

小「そうそうそう!」

増「アルファベットのCみたいな形してる、こう、シルバーのやつで、それを耳にすぽってこう」

小「あったわ!」

増「引っかけて、じゃらじゃら垂れてんだよね?」

小「やってたよね」

増「やってた!」

小「そうじゃぁ~ん」

増「あれ~あれはまってたなあ」

小「懐かしいわ!なるほどね~あれもイヤ、あれもイヤーカフなの?あれ違うのかな」

増「あれもイヤーカフって言うのかなあ」

小「へえ~なるほど、まあまあ、えアリだけど、流行らないでほしい」

増「流行らないでほしい」

小「なるほどね。続きまして」

〈私の学校では白シャツと学校指定のスカートさえはいていればシャツの上に着るものは自由なので、カーディガンではなくパーカーやトレーナーを着る人もいます。制服にパーカーやトレーナー、アリですか?〉

増「ナイでしょ!」

小「これってさでも多いじゃん!でも、」

増「その上に、さらにジャケットってかぁのブレザー?とか着んだったらいいかもねパーカー学ランとか」

小「ンなるほどね、それさ紺、まだいたい紺か黒じゃない?みんな」

増「うんうんうん」

小「中は、何色を着たいですかパーカー」

増「いや~~ベース着たくないけどな~でもおれドラマんとき赤いパーカーとか着てたときあったけど」

小「あ~着てたね。でもパーカーとか好きじゃん自分が」

増「いや好きだけど制服となるとさ」

小「でもさ、多いよね?なんか、渋谷とかでさ青学の子とかもさみんな」

増「着てる?中に?」

小「なんか青学のパーカーが流行ってんだって、いま」

増「あ、もう青学のパーカー?」

小「そう」

増「ふぅ~ん」

小「だし、青学の子たちもたぶんスカートがはいてればいんだと思うよけっこうね、見るもん」

増「なんでもいんだ、あそうシャツの色とかみんないろいろ違うもんね」

小「そうそう」

増「え、青いの?パーカー青いの?」

小「シゲも、だってシゲもさ、中学校高校んときとかさあ、おしゃれなYシャツ着てたもん、みんな白なのにあいつが青とか」

増「青、青学だからだよね(小「青学だから(笑)」)、パ、パーカーもやっぱ青いんですかそれは」

小「えーとねなんかいろいろあったよ紺とか」

増「水色とかもあんの」

小「水色ないと思うけど(笑)」

増「へぇ~え」

小「そうそう、ま、まっす的にナシなんだ、わかっただけでもいいじゃん」

増「いや~おれ、ないなあ、おれ制服の、スカートの下に黒い、ス、タイツ?とかけっこ、紺か、紺色のタイツとかはいてて」

小「制服のスカートの下に紺のストッキング?」

増「あれタイタイツっていうの?ストッキング?」

小「え?全部、隠れてるやつ?」

増「そうそう、き、基本的に生脚がいい、人が多いと思うけどさ、おれはけっこうタイツ…」

小「タイツ」

増「あれなんていうの?黒いさ」

小「やべおれ制服にタイツがはいてる時点でもういまちょっとわか、い」

増「わかんない?」

小「えわかんない違う、あったっけ」

増「タイツでいいんだよねたぶん名前ね」

小「あそう」

増「うん、それだからけっこう清楚な感じの学生さんとかはそうよ」

小「あっそうなの!」

増「うん」

小「だからそのーストッキング、で、ローファーってことでしょ?それは意外と好き」

増「あれ、いいよ、いやあれがいいよ」

小「ほんと?

増「上あんま着ないでほしいな~だったらコート着た方がいいと思うわ」

小「上を着ない?」

増「っ」

小「ブラj」

増「いやいやちが、シャツ、」

小「あ、ああ」

増「なんかこう、セーター的なの着て、こう、ブレザー着て、その上はだからマフラーとあかでなんどうにかなんないかね」

小「意外と清楚なのが好きなんだね」

増「そうそうだからそれパーカー着ちゃったらやっぱちょっと制服の良さが薄れてる気すんだよね」

小「見えないエロさが好きなの?」

増「ん?」

小「見えないエロさが好きなの?」

増「いやいやだからパーカーで崩してほしくないそれ、そのしっかり」

小「いや聞いてんのは、見えないエロさが好きなの?」

増「ふふふ(笑) いや見えてていい」

小「見えてていいの?でも、ストッキングはいてほしいんでしょ」

増「あそう、」

小「脱がすエロさなの?」

小・増「ははは!(笑)」

小「はい(笑) 以上、世間が増田についてきたでした」

 

・慶一郎の部屋

小「慶一郎の部屋!」

増「テレテッテッテテテ♪*1 はい」

小「やってまいりましたけれども。これこでは、『QUARTETTO』について、お話していこうということで3月9日のリリースが決まりまして~」

増「ありがとうございます」

小「アルバムの初回盤には、『Theme of QUARTETTO』のメイキングと、MVが入ったDVDがつくと(増「お」)、で通常盤にはソロ曲が入るということですけども!もうもう盛りだくさんでございますね増田さんね~」

増「はい、や~今回でもアルバム出させてもらうにあたってこう、もうさ、もうリリースされてる曲とかさ」

小「タイアップも多かったからね~」

増「タイアップ曲が多いっていうの嬉しいよね」

小「いやほんとそうよ、だから事前に聴いてもらえてる曲があるから、ね」

増「うん、だからその分ね、こう他のそのじゃないとこに入ってるアルバム曲とかソロ曲とかがさ」

小「そうそう」

増「やっぱ粒だつわけじゃないすかよけいに」

小「そうだね、そこはね」

増「いや~嬉しい」

小「いいバランスでできますけれども。まあ僕たちもねえまあ『QUARTETTO』をもちろんベースに、ライブも作っていくわけですけれどもね」

増「え、小山のさ『愛のエルボー』って曲」

小「おお、おお」

増「なんか、おもしろそうだね」

小「ね、揉めたのかな、まあ『愛のエレジー』の方でやらしていただきますけどね~う~ん、まっすーの、これはなんていうの?リップス?なにこれ、え、ん、え」

増「(笑) ボケきれてない(笑)」

小「(笑)」

増「ボケきれなかったっしょいま(笑)」

小「意外とさ、難しいな~と思って(笑)」

増「『LIS'N』ね、聴けみたいなのまちょっと単語をちょっとこうもじってますけどね」

小「ほんとだぁ、えでシゲが『星の王子さま』だって、わ~ねらってるぅ」

増「うん、なんか、ねえ、バカみたいに王子さまのかっこして出てくんじゃないすか?」

小「あ~!ちっちゃい冠つけて!なんか見たことあんなあ斜めにな!」

増「やってたなそういえば!」

小「ああやってたなあれ!またあれやんのかぁじゃあ」

増「あれなんかバカ王子がテーマなんでしょじゃなかったっけ、前の」

小「ああそうだね~」

増「今回普通に王子してくんのかな?」

小「そうだな?手越は?これなに『Encore』?」

増「うん」

小「アンコールでやんのかな?これ」

増「これアンコールでやらせよ、アンコールでやらせよ」

小「うん、アンコールソロ曲きついなあなかなか!」

増「アンコール来なかったらソロ曲ないんでしょ(笑)」

小「(笑)」

小・増「NEWS!NEWS!」

小「あれ?(笑)」

増「手越が一人だけ出てくる」

小「あそうか~どんな感じのソロ曲なんですか?ちょっとさらっと言うならば」

増「僕は、まよんじゅう、かよんじゅうそう?四重奏?この4人で奏でる音楽みたいなのがアルバムのテーマだったんで、僕は一人で、おれは自分の声だけで戦ってみせるぜ、みたいな(小「あ~」)、ことをテーマにしたんですよ」

小「なるほどね、この、あの、アルバムの趣旨をぶっこわしてこうと、いう」

増「ちが、4人の中の、だからおれは、おれ一人でこんな、挑戦をしますみたいな」

小「なるほどね、そこが一人入ってるよと4人の中に」

増「そうです、だから『QUARTETTO』っていうアルバムがあるからこそ、おれは一人で、一人のおれはこうですっていう」

小「いいねぇ~」

増「いいでしょ」

小「いいよいい、いい」

増「そういうテーマでやらしてもらってますんでね」

小「あ楽しみですよ、まっすー」

増「どんな感じなんですか?愛のエルボー」

小「だから、喧嘩したのかな。エルボーはねぇあの~、zoppさんに、作詞をお願いして」

増「あそうなんだ!」

小「そう、ちょっと歌謡曲っぽい感じで、まいまの感じのテイストも入れながら、途中に台詞とかもあって」

増「え~」

小「ちょっとこう、自分のさ、このま今回『QUARTETTO』、よん重奏ってことで自分の声、自分が声をアピールするときとか、わかってもらうのなにがいいかなと思った。ほらやっぱおれしゃべるし、しゃべる仕事だから台詞を入れようと思って」

増「へー!おもしろい!」

小「そう、まそんな長い台詞じゃないんですけど」

増「ちょっと被ったよ?おれとそしたら」

小「え?までもあの(笑) それラップで、ラップみたいな感じでしょ?おれ完全に台詞だから」

増「ああ」

小「音楽のせてね、そうそうそう」

増「ああそうな」

小「ぜひともね、いろんな違いを聴いて楽しんでいただきたいなと思います!」

増「はい」

 小「さそして、それを引っさげてライブツアーも3月の26日から始まりますからね」

増「うん」

小「着実に、進んでおりますので、楽しm」

増「はい、今日も準備ね、しますから」

小「いやそうですよ~頑張ってね~」

増「(笑)」

小「でも今回はあれじゃないすか、あの~ペンライト!」

増「はいはい」

小「ぜひとも注目していただきたい」

増「あーそうね今回新しいペンライトをぜひね、手に取ってほしいという」

小「そう」

増「ま演出いっこね、そのペンライトを使った演出をみんなと作りたいなと思ってますんで」

小「そうそうだからQUARTETTO用に作ったんでね、ぜひとも参加型で、一緒にペンライト持ってほしいなと」

増「ぜひぜひ」

小「おもいまーす」

増「お願いします」

小「よろしくお願いしまぁす!では!ここでぇまメディア初解禁ということで、いきましょうNEWSで、『QUARTETTO』」

 

・エンディング

小「さあもうお別れの時間なんですけれどもまっすーがジャニーズwebのサイト始めていると」

増「うん」

小「いう噂を、耳にしまして」

増「はい、あの~」

小「○○でしょ」

増「まるま、あ、知ってる?」

小「知ってますよ」

増「そう、なんかほら、僕らのね、こう~ページをこう会員登録してくれている方にねやっぱちょっとでも楽しんでほしいなっていう」

小「いやほんとそうですよ」

増「ふうに思ってまして」

小「僕はここまでずぅっとやってきたんだから」

増「うん、そうだよね」

小「これでシゲも入って、まっすーも入ったらよりね?ファンの人が喜んでくれるじゃないですか」

増「そうなんかね、ちょうどおんなじタイミングだったのよシゲと、話、そのジャニーズwebのスタッフさんが話してるときにおれもちょうど同時に話し出したみたいで、加藤くんはこれぐらいの時期に始めますよみたいなのも全部聞いてたの。こんなテーマでやるみたいですよみたいなのも聞いてたけど、まおれはすっごい、ゆっくり」

小「そだね」

増「ゆっくり決めて、ゆっくり話して、決めたんで」

小「不定期連載?」

増「うん。毎日やってもいいし、1年に一回でもいいしみたいなことで」

小「それが、増田くんっぽいですよ」

増「うん」

小「だから3人やりましたから、あいつどうするかな~」

増「いやでも手越のちょっと~、これ、手越も言ってたよなんか、『いや~ジャニーズwebの連載3人やってんすけどおれやってないっすからねぇ!』みたいなことを、ちょっとこう、なんていうんすか武勇伝的な感じで言ってたんで、たぶん彼はやらない方向で」

小「そ~いうことかあ、金髪日記でもやり、始めればいいのになあ」

増「今日染めましたみたいなね」

小「そうね」

増「傷みが」

小「傷み(笑)」

増「傷み増量(笑) でもおれはほんと楽しんでほしいなっていう気持ちでね」

小「やぁそうだよぉ~だってぇ~」

増「おれのページがあるだけでちょっとなんか、増えた感じするじゃない」

小「そうだよぉ、や、シゲから見るNEWSまっすーから見るNEWS、僕から見るNEWS、やっぱ違いますから」

増「シゲはなに?こう」

小「シゲはだから、なんか、おもしろおかしく書いてるんでしょ?いろんなことを、やっぱり作家さんですからね文章もお上手で、書かれてるんじゃないですか?」

増「文章、文章書いてんだ」

小「うん…なに、あクラウド?あっなんかハッシュタグみたいなやつでしょぉ?あ知ってるわ」

増「そうだよね、あ雲みたいなこと?」

小「雲のようにってこと?」

増「シゲの頭ふわふわしてんなみたいなこと?」

小「あ~わかるわ~」

増「わかりやすいわ」

小「そっかぁ…(笑) もう悪口だ最終的に。今夜のお相手は、このあとお寿司の、NEWSの小山慶一郎と」

増「このあとNEWSのコンサートの打ち合わせの増田貴久でしたぁ」

小「(笑) では、ノリさんばいばーい(笑)」

 

○主観

今回のそれぞれのソロすごい楽しみだな~単純なシゲ担だから『星の王子さま』読み返しちゃったりとかしちゃったりして、ほんと待ちきれない。小山さんのソロが歌謡曲っぽい+台詞っていうのに驚いたけど、それぞれコンサートでの演出含め早く聴きたいし早く見たい。わくわく。

*1:3分クッキングのテーマ